スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いちばんやさしい ファイナンスの本」/保田隆明


今さらながら読んだのでコメントを。間違いなく良い本です。特にファイナンスとかM&Aについて勉強しようとする人が最初に手に取る本としてオススメできます。入門書として、取っ付きやすさを優先するスタンスがはっきりしている(あとがきにその辺りの経緯は書かれている)ので、数式とかは最小限で、身近な例に引きなおした説明が多く、実例や経験談もふんだんに入っていて、読み易い。この次に読むべき本についても、単なる紹介以上に踏み込んだコメントがされているので、選びやすい。
LLMに留学したときに、漠然とコーポレートファイナンスについて学ぼうと思っていたのだが(学びはしたものの、その後あまり学んだことを役立てることができないでいるけど)、何から手を付けたものか分からなくて困った。今だったら、この本をまず読んで、その次は紹介されている次の2冊を読む(僕も実際この2冊にはお世話になった)のが良いのではないかと思う。前者は定評ある本だし、後者は批判はあるけど、手が動くようになるためには有用な一冊だと思う。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。