スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始動、裁判員制度

いよいよ始まりましたね。裁判員制度。

品川のよっちゃんさんのところのエントリによれば(すいません、よっちゃんさん)、東京地裁で、殺人を認めているという案件のようだから、まずは、人的にもリソースのある東京地裁で、中身の判断の難しくなさそうな事件から始めて、裁判所も検察も手続きを実際にやってみて学習するということなんだろうか。それはそれで慎重な対応で悪い話ではないような。

読売のニュースの記事で、裁判官OB、検察OB、弁護士の3者からのコメントがあるなかで、弁護士さんのコメントとして、

「被告を裁くというよりも、検察官が高い水準の立証責任を果たせたのか否かを判断するのが、裁判員と裁判官の役割だと肝に銘じてほしい」


とあるが、まさしくここが一番大事だと思う。果たせていなければ無罪、ということで、リンチのような事態が生じないことを祈るばかり。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。