スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てるだけ?

例によって?[ボ2]経由。

■[司法]裁判員は法廷でメモを取らないで下さいby大半の裁判官
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009070490173039.html


自分が疑問に思ったところとか、メモってはいかんのだろうか。リンク先の記事によれば、後から評議を映像で確認できるというか、どこを確認すべきか、はメモっておかないと却って時間がかかるような気がするし、確認すべき箇所が多くなると、その程度のことをやっておかないと時間ばっかりかかることになるし、確認すべき箇所も思い出させないかもしれない。

それに、そもそもメモを取っていると目の前の評議に集中できないというが、何を根拠に言っているのだろう?メモをとれないと却って漫然と見てしまうのではないかという懸念はないと何を根拠にして言っているのだろうか?実験していないのなら、何故そう言えるのだろう(アメリカを無闇に引き合いに出すのは好ましくないが、アメリカならこういうとき、少なくとも一回くらいは実験しそうな気がする)。個人的には、ただ聞いているだけの会議よりも、メモを取りながら聞いている会議の方がきちんと覚えているので、余計にそう思う。どこかのロースクールで実験してみてくれないかな。模擬法廷とかあるんだろうから、実験しやすいと思うのだが。

これ以外の点も含め、もとより不安のある制度だが、更に不安になってくる。
一応上記のURLの記事全文の引用

「メモを取らないでください」。裁判員裁判の法廷では、裁判長がそんな注意を裁判員に促すことになりそうだ。「見て聞いて分かる裁判」のはずだからメモは不要というのがその理由。裁判官と裁判員が評議の場で被告や証人らの発言内容を確かめる手段も収録映像に限られ、文字情報は提供されないという。「あいまいな記憶だけでは、公正な判断はできない。正確に記録した文字情報が不可欠だ」との声が弁護士から出ている。

 最高裁によると、全国で行った模擬裁判を検証したところ、裁判員が法廷でメモを取ることについて消極的な裁判官が大半を占めた。理由は、(1)目の前のやりとりに気が回らなくなる恐れがある(2)やりとりを忘れても評議の際に映像で確認できる-だった。

 法廷には、カメラとマイクで発言内容とその様子を録音・録画する音声認識システムが設置される。キーワードや発言者を入力して検索すると、知りたい発言部分が映像と文字で再生できる。

 これに対し、埼玉や大阪などの弁護士会は速記録の活用を求めている。埼玉弁護士会は五月、評議での音声認識システムの映像の利用について「正確な証言を必要に応じて確認しながら行うことは困難」と会長声明で指摘した。

 速記官による記録は、文字の誤変換トラブルが起きる音声認識システムとは違って正確で、書面なら証人の発言内容を比較検討しやすいなどの利点がある。今では、キーを打ち込むと即座に日本語の文字に変換される電子速記装置が普及。関東の女性速記官は「審理終了と同時に裁判員に速記録を手渡すことは技術的に可能」と話す。

 聴覚障害者からも速記録を求める声がある。手話ができる人は全体の一割程度しかいないからだ。全日本ろうあ連盟の西滝憲彦理事は「情報が保障されるよう一人一人のニーズに合った支援策を求めている。速記録や要約筆記など文字による情報伝達もその一つだ」とする。

(中日新聞)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。