スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だかだらだらと

休みなんだから、だらだらしていてもいいはずだが…。

そもそも、土曜日は中学の同期の人々との飲み会だった。大久保の韓国料理屋(場所が覚えられなかった。おかげで帰りに新宿に出ようとして道に迷った)で、マッコリはさすがに…と思ってビールばかり呑んでいたのはいいのだが、最近ビールもそんなに呑まない(呑みすぎると料理は食べられないし)ので、ビールを呑んだ後、どうするべきか、みたいなことも忘れていた。その所為で、夜中に喉が乾いて起きるし、今日も昼過ぎまで何だかアルコールが抜けない感じがした。

同窓会、というか、飲み会では、自分が中学時代のことをロクに覚えていないことに気づいた。話題に乏しいこともあり、話を聞いているというか、呑み会を脇で見ているような感じになった。これはこれで面白い。
小学校・中学校と高校以降を比べると、同窓会の類に出てみると明らかに何かが違うように思った。一つの理由として考えられるのは、高校以降よりも、小学校・中学校の方が、母集団のバラケ方が大きいのだ。

高校は都立の進学校(「所謂」と書こうかと思ったが、それ以外の見立ては成り立たないと思うので外す)だったので、大学に行かなかったという話は聞いていないし、大学の法学部は、大半は法曹か公務員志望という感じだったので、高校以上に方向性が揃っていたし、大学自体、体制側な大学なので、理系の友人にしても、方向性がある意味で揃っていた。

多少イレギュラーな人生の送り方をしているかもしれないにしても、僕も、そういう方向性から大きくはずれているわけではないし、普段付き合いのある人々もその範囲内の人がほとんどのように思う。

そういう暮らしをしている所為で、たまにこういう集まりに出ると、何故か観察モードに入りがち。もっとも、それが「上から目線でモノを見ている」と突っ込まれる結果になるわけだが。上からというつもりはなく、素で「違い」に驚いているだけなのだが、そういう形で受け取られるのはまったくもって本意ではないので、気をつけないといけない。

ともあれ、次回にも期待。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。