スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けること

なんのこっちゃ、という感じではあるのですが。これまた他人のふんどしで何とやらというやつで。

「企業法務についてあれこれの雑記」で「成功するリーガルブログを書くための、たった7つのコツ・改 」で、次の点があげられていた。

1. ブログのテーマを定め、テーマに沿ったエントリーを書け。
2. 役に立つ情報を書け。それが無理なら、せめて読んで面白いエントリーを書け。
3. 自分の意見を書け。
4. 読みやすいスタイルで書け。リーガルライティングとブログは違う。
5. トラフィックは気にするな。
6. 炎上を避けろ。過度の批判や個人攻撃は危険だ。
7. 背伸びするのはほどほどに。



なるほど。確かにそのとおりとは思う。ただ、このエントリへのコメントでも書いたけど、僕は自分がリーガルブログを書くとは思えなかった(何より能力がない)し、そういう意図はあまりないので、こういうことはあまり意識していない。とはいえ、やはり、法律がらみのネタを書くとトラフィックが上がるのも事実…。

寧ろ、僕が意識しているのは、毎日何かしらエントリをすること。これが隠れた今年の目標(とりあえず3ヶ月は続けられたので書いちゃうけど。うっかり書いて3日坊主だと恥ずかしくて書けなかった)。
たけくまメモ」で「ブログを毎日更新できるか」というエントリが出ていた。一部引用。

それで三番目に集めるのが、まめに更新する人。これも、俺みたいに2~3日にいっぺんというのは実はよくありません。毎日更新が人気ブログになる基本ではないかと思うんですよ。実際人気ブログを見ますと、本当にまめに更新しているところが多いですよね。


こちらのblogが人気blogになることはないと思うが、毎日更新していると確かにアクセスは増える。アクセスが100アクセス/日を保てると、何だかやる気になるから不思議。続けていると、書かないと気分が悪くなってくる。単に中毒という話もあるが、こうなると、そう簡単に忘れたりしないのも事実。仕組みづくり、習慣化という意味では大したもんだ、ということになるのだろう。

それと、どういう内容であれ、書き続けて、それをあとから読むと、内容だけではなくて、書いた当時のことが思い出されて、これはこれで面白い。もちろん、書くことによって考えが整理されてくるという面もある。これは書く側のみのメリットだけど。logでもあるので、それはそれで良いのではないかと思ったりもする。

というわけで、内容がなくても書き続けようかと思う次第です。まあ、あまりこういうメタ的なエントリばかり書くのはよろしくないような気がするのだが、たまには書いても良いのではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですよね。それって書き手にしかわからないのですが。

kataさん、どうもです。そう思っているのが僕だけでないとわかって、何となくうれしく思います。

フツーのサラリーマンがblogをする意味の結構な割合はここにあると思っています。

それでは。

同感です

後から読むと、当時のことが思い出されて面白いということは、ほんとにそうだと思います。

僕も、その意味でまたblogを再開したところです。
blogを書く意義の半分位は、この点にあるんじゃないかと思ってます。
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。