スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山試案?

詳しくないので、迂闊なコメントはできないが、見つけたので、メモだけ
日経ITproの記事から(web魚拓

デジタル・コンテンツ利用促進協議会は2009年1月9日、映画や音楽、テレビ番組といったデジタルコンテンツの著作権にまつわる制度改正案をまとめた。インターネット上でデジタルコンテンツを迅速に二次利用可能にするため、二次利用の許諾にまつわる権利を映画会社やレコード制作者、放送局などに集約することを柱とする。会長の中山信弘氏(東京大学名誉教授 兼 西村あさひ法律事務所 顧問)と角川歴彦氏(角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEO)ら3人の副会長による「会長・副会長試案」として公表し、意見を受け付けている。

 提言では、インターネット上におけるデジタルコンテンツの流通について、「一つのコンテンツの上に多数の権利が複雑に絡み合い、権利処理だけで多くの時間と費用が必要であるのが現状」と指摘。これを解決するため、(1)デジタルコンテンツの利用に関する権利の集約化、(2)コンテンツやそれにまつわる権利者といった権利情報のデータベース化、(3)コンテンツ利用の対価を権利者に還元させる仕組みの構築、(4)デジタルコンテンツの特性に応じたフェアユース規定の導入――などを、デジタルコンテンツのインターネット上での利用に限定した特別法として整備するよう求めている。



中山先生が音頭をとっているので中山試案ですか。なるほど。
デジタルコンテンツ利用促進協議会ねえ。

識者のFJneo1994さんとかがきちんとコメントをしてくれるのを待つことにしたいのだけれど、2点ほど。
前に書いたような気がするが、フェアユースがそう簡単に根付くとは思いにくい。英米法的なフェアユースを根付かせるためには、英米法の判例法的なものの考え方から広めないとむずかしいと思うのだが…。

もう一点気になったのが記事のp3web魚拓)の「映像版JASRAC」の記載

提言ではこのほか、法定事業者がデジタルコンテンツのライセンス管理を「現行の著作権等管理事業者に相当する事業者」に委託可能にし、管理事業者が法定事業者に代わってライセンス管理や二次利用の許諾、対価の徴収業務などを行うというスキームも念頭に置いている。音楽業界における日本音楽著作権協会(JASRAC)やイーライセンス、ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)のように、作品のライセンス管理を受託する法人を、映画やテレビ番組についても創設するという考え方である。



すくなくとも、強制委託はやめて、コンテンツの作成者側に、委託者を選択する余地を十分に確保して欲しいとだけは、言っておきたいような気がする。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。