スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分化というか何というか

気まぐれノート(仮題)でのあるエントリを見て、色々思い出したのでメモ。

ホームロイヤーズについては、この業界にいる人間であればある程度話は聞いたことがあるでしょう。必ずしも同業者からは良い評判を聞かないところです。私自身もこの事務所の作成した書面を見たことがありますが、サルでもできるというご主張をされていることに沿うようなものだと正直思いました。仕事の質というよりも、大量処理、迅速?な処理に重点を置いていそうだなということは感じます。

裁判所に提出するような書面は提出してしまえば終わりで、どんなに要件事実的に整理されて無かろうが、日本語が下手であろうが、書類に多少不備があろうが、有能な裁判官が適切に審理してくれるという制度を前提とする限りは、結論など大して変わらない、ということは、確かにその通りではあります。



この部分だけ見ると単に文句を言っているだけのようにも見えるが…

同業者からの反発はかなりあると思いますが、ただ、私としては、こういった事務所が現実に社会に存在するリーガル・サービスへのニーズを着実に汲み取っていて、従前はそれもできていなかったことも確かなので、評価すべき部分もあるのではないかとは思います。



とあるのが、味噌というか何と言うか。顧客が必要な範囲のリーガルサービスを相応な価格で提供しているであれば、文句を言うのは変だし。自分が同じ業務をしていないのであればなおのこと。

いくら書面が立派でも結果が伴わないと意味がないというのが訴訟の一つの側面だろうし、同じ結果を得られると判断できるのであれば(ここで割り切りというかリスクを取っているわけだ)、書面で手を抜いて、その分労力を節約するというのは一つの発想かもしれない。この割り切りは、個別の事案、裁判所、裁判官に対する読みが前提になるだろうから、当てが外れたときにどうするのか、という気がするけど。

そういう一方で、個別の事案を超えた意義があるような場合には、書面で手を抜かれても困るという判断もあり得るだろう。何でもかんでも手を抜かれるようだと怖くて頼めない。

つまるところ、このあたりは、それぞれの事案が顧客(および利害関係者)にとって、どういう位置づけにあるのか、に拠るのかもしれない。結論が同じであれば(ここがポイントだが)、精緻な理論を展開する長大な書面を作って、その分高いタイムチャージをつけてくる事務所(タイムチャージで依頼しているケースで)よりも、顧客にとっては「良い事務所」という判断になっても何もおかしくないと思う。同じ結論を得る上で費用を抑えているんだし、それが弁護士事務所の敷居を低くしているのであれば尚更のこと。

そうだとすると、頼む側からすれば、誰に何を頼むか、ということになると思う。実際僕の勤務先(現職および前職)でも、頼む前に事案の内容・性質および先生の専門性・キャラを勘案して頼む先を検討しているし。

もう一つ、思い出したのは、前職でお付き合いさせていただいた某弁護士(パートナー2人の小さな事務所。メインは知財だけど、きちんと企業法務一般もやっていただける事務所)が債務整理系に特化した弁護士について次のようなことを言っていたこと。

クレサラばっかりやっていると莫迦になる。



確かにそうなんだろうな、とそのときは思ったけど…。

さらに思い出したのは、北米某所であったアメリカの某ファームの方々。その事務所は東海岸メインなのだが、今回CAにオフィスを出すので、「誰か行かんか」という話になったところ、「そうなるとCAbarを受けないといけないが、それが面倒くさい」という話になって、この点について、あるパートナーが言っていたのが「専門分野に特化して何年もやっていたので、それ以外の分野なんてすっかり忘れてしまった。それを今さら思い出して試験を受けるなんて真っ平ごめん」ということ。

専門に特化するということは、どうしてもそれ以外の分野は出来なくなることに、つながりやすいのではないかと思う。それを「莫迦になる」と表現することが必ずしも良いこととは思わないものの、「莫迦」になることが必ずしも悪いことではないのではないか、という気がする。もちろんそれには少なくとも2つの条件があるように思う。

  1. 自分の専門が何か認識する(自分が何「莫迦」か認識する)
  2. それ以外の分野は、別の人が処理できるようフォローする(他の先生にうまく繋ぐ)
専門分野を追求しながら、その他の分野の案件も取り扱えるような状態を保っておくのは負担だと思うので、「莫迦」になることで負担を軽くするのは悪い話ではないと思う。これから日本も弁護士が増えるのなら、そういうことがし易くなるかもしれない。

また、そうなるとgeneral practionerというのはそれはそれで一つの専門となるのではないかという気がする。各分野の専門家にルート(人脈)があって、争点の洗い出しと振り分けの際の目利きが出来ることが求められるのだろうから。大きな事務所でトレーニングを受けつつ、人脈を作ってそちらの道に進む、という形になるのだろう。

最初にエントリを見てから若干時間がかかったが、もやもやとした考えをとりあえず文章に出来て(いまいちまとまりがついていないが)、ややすっきりした。エラソーに書いたが、この程度のことは誰かが考えていそうなので、もし誰か考えていたら教えていただけると助かります。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。