スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vocalist & Vocalist 2 /徳永英明




今さらながらではあるが、1と2を聴いてみた。
企画の勝利、特に、無理のない企画をうまく作ったという意味で、というのが印象。
病み上がり(という言い方が良いのかどうかわからないけど)の所為か、以前ほど声を張り上げている感じはなく、そういう歌い方にあった曲を選んでいるように見えるし、何故カバーかは不明だが、仮にカバーするなら、彼の音域であれば、女性曲の方がやりやすかったのではないかと思う。

(元ちとせほどの存在感はないとしても)独特な声を生かす意味では、シンプルな道具立ての方が、分かりやすいだろうから、うるさくない程度のバックにしておくのは頷けるところだと思う。もちろん、誤魔化しにくいから(料理にたとえれば素材の味勝負というところだろうか)、うかつにやると墓穴を掘る可能性もあったわけで、そうならないのは、歌が上手いからということだろう。

取り上げられているのは、このシリーズはすべて有名どころの曲で、まあ、無難なんだろうし、これならそこそこ売れる、という感じなんだろうけど、その分、選曲の妙、みたいなものはないし、選曲の際のセンスみたいなものは見出しにくいのだが。

とかなんとか言っても、全体として見た場合の出来は悪くなく、安心して聴ける仕上がりになっていると思う。良い曲ばかりで、無闇に声を張らずに伴奏もうるさくないから、全体として落ち着いた印象になっているわけだから。

カバーなので、オリジナルの曲とはどこかが違うし、それに違和感を覚えることも(オリジナルの曲に対する思い入れが強ければ余計に)あるだろうし、そういう場合には抵抗感があるだろう。僕も細かい節回しに違和感を覚えた曲があったが(「駅」では言葉をぶつぶつ切りすぎというのが、一番違和感を覚えたところ)、まあ、それはある程度は慣れの問題かもしれないとも思う。もっとも、それと引き換えに、曲のアレンジの違いによって、同じ曲がまったく異なる印象を持つ可能性を楽しめるわけだけど。

そういえば、誰か、アコースティックで小室哲哉の曲のカバーとかしませんかね。既にやってみたけど、アレでお蔵入りになっているのかもしれませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。