スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Always」/Stardust Revue



スタレビのアカペラカバーアルバムということで、「夢伝説」のセルフカバーと「夏の陽」が入っているということで不見転で買った。アカペラアルバムといいつつも、人間の声しか入っていないというものではない。

長すぎもせず、よく出来たアルバムだと思う。アカペラ主体のアルバムは彼らも初めてではないので、出来については最初から心配してはいなかったが。

ジャケットの要さん(一番手前)が誰かに似ているなあと思ったが、なんとなく、ロッド・スチュワートに見えたのだが...。メガネと髪型の所為だろう。
1曲づつ感想を。

1.トワイライト・アヴェニュー
最初にこの曲を聴いたのがライブアルバムの"Face to face"で、オリジナルよりもゆったりとしたバラードだったので、こういうアレンジの方が個人的にはしっくりくる。上記のライブ盤での柿沼さんの儚げなヴォーカルもよかったのだが...これはこれで良い。

2.あの娘のラブレター
なるほど、Moon Ridersって初めてかも。

3.水曜日の午後
サビのところまで、オリジナルがどの曲か分からなかったのは不覚。後追いのコーラスも含めコーラスは確かにオフコースっぽくて良い。

4.LADY PINK PANTHER
2曲目とこの曲だけはオリジナルを知らないけど、このグルーブ感が良い。

5.夏の陽
元メンバーで達郎さんのライブで実際にコーラスをつけた三谷さんがアレンジしているのが、ポイントが高い。「そうじゃない」で一回切って、「んだ」と来るところはやはり基本でしょう(意味不明)。

6.オリビアを聴きながら
節回しの細かいところに違和感があったけど、根本節ということで。男性の声でこの曲を聴くと微妙な気分になる。

7.翳りゆく部屋
こうして聴いてみると改めていい曲だな、と。

8.思い出はうたになった(オダ★レビ)
小田さんがここで出てくるのにはちょっと驚く。ここ数年?小田さんは急に?他の人との競演が多くなったような(前からもないわけではないけど)。なんとなく、仕事一筋で定年を迎えたオヤジが(家に居場所がないせいか)急に地域活動にいそしむ、みたいな感じがしないでもない(特に他意はない。単なる思い付き)。

9.夢伝説
Youtubeで最近の歌っている姿を見たら、歌い方が数箇所で変わっていたが、その歌い方で出た。カラオケに既に新録ヴァージョンもあったし(爆)。ギターソロの前の長く伸ばすところがさらにもう一声上がるとか、細かな「溜め」が増えたりとかしているので、ヴォーカルはさらに難しくなっている。きちんと覚えないと(おいおい)。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。