スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「映画×東京とっておき雑学ノート」/小林信彦



「本音を申せば」シリーズの10巻目。このシリーズは題名の付け方に違和感を覚えることが多いけど。この題名の付け方はどうかな、と思う。ウソではないけど、何か違うような気がする。映画の話が分からない人を遠ざけるような気がする。僕は映画の話はさっぱり分からないが、いつもそうなので、別に気にならないし、知らなくても楽しめると思う。もっとも、僕はこのシリーズをずっと読んでいる所為で慣れただけかもしれないので、他の人が楽しめるかどうか必ずしも定かではないが。

いつもの小林節、というか、ご隠居さんの話を聞く感じで読んでしまう。土曜の午後に読むのはいい感じである。

寡聞にして知らなかったが、日本人が劣化しているとの香山リカの指摘には納得。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画×東京とっておき雑学ノート―本音を申せば

映画×東京とっておき雑学ノート―本音を申せば

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。