FC2ブログ

かみあってない

なんだか噛み合っていないという思いがして、気持ちが悪いので、思ったことをメモ。例の産婦人科の事故?の件。故人のご冥福をお祈りしつつも、周辺の噛み合わなさが気になるというか、違和感を禁じえない。事件そのものについては論評する能力もないし(落合弁護士のところの記事が参考になった)、その気もないが。
気になったことを箇条書きで書いてみる。事実関係については、裏取りしていないので、その点はご留意ください。
  • 今回の無罪判決で、別に問題の医師に過失が一切なかったということにはならないように思う(もちろん過失があったと言っているわけではないが)。刑事の無罪なんだから、検察が有罪とするに必要な立証が出来なかったというだけのはず。刑事で無罪になっても、過失がまったくなかったということにはならない。そのあたりをどの程度分かっているのか、気になる発言があったような気がする。
  • ついでに言えば、そもそも検察が対象にしたのは、手術室で起こったことだけのように見えるけど、その前に起こったことは対象になっていない。一方で、報道を見る限り、そもそも、遺族は、あの医師が一人で手術に踏み切ったこと自体も問題にしているように見える。

    終始固い表情の渡辺さんは「私が本当に知りたいのは、手術中の詳細なやりとりではなく、(加藤医師が)どうして態勢の整った病院に娘を移さなかったのかということだった。裁判では明らかにされず悔しい。命を預かっている以上、すべての不安を取り除いて臨んでほしかった」と、不満をあらわにした。


    そのあたりが刑事事件で問題にならなかったのは、なぜかはよく分からない。
  • 一方で、医師側の隠蔽体質的なところが現れた部分があったようだ。

    一方で検察側は周産期の専門家を証人に立てられず、十分な立証ができなかった。象徴的なのが、剥離でのクーパー(医療用はさみ)使用の是非だ。冒頭陳述では過失の柱だったが、捜査段階で使用に否定的だった検察側証人が公判で証言を翻し、検察側は結局、論告で過失から外した。

     主張に沿う鑑定や証人を十分に集められなかった検察側は立証不足と批判を受けるが、立件に反発して高い壁を築いた医学界はどうだったか。

     捜査段階で福島県警は周産期学会の幹部に鑑定を依頼したが、多忙を理由に断られた。この幹部は公判で弁護側証人として出廷し、「診断は慎重で間違いはない」と証言した。もし捜査段階で同様の鑑定があれば立件されなかった可能性もある。医師擁護で結束した医学界だが、無実の証明のためにも捜査への前向きな協力姿勢が必要だったのではないか。

    もしそれが本当だとしたら、そのあたりが何とかならないと、刑事事件化しないと真実が出てこない、という話になりかねない。それは誰にとってもいいことではないはず。

  • 医者の側からすれば、正当と思ってやった医療行為が後から罪に問われるとなると、医療行為なんか出来ないとなるのだろうが、だからといって、医療行為を刑法の業務上過失致死とかの対象から外せというのはおかしな話だと思う。それは裏を返せば、いかなるミスをしても一切非を認めたくないということに聞こえるし(別にそう思って言っているわけではないが)。
  • 要は、きちんとしたセーフハーバーが必要なんだろう。つまり、こういうことをしている限りは、業務上過失致死には問われないという基準。
  • 個人的には、記録の強制開示および捜査への強制協力(本人および関係者)は最低限必須だと思う。第三者委員会もいいけど、それだけでは不十分で、その前提となる情報を集めておくのが重要な気がする。何なら治療全部についての録音・録画もひとつの手かもしれない(医師および関係者の思考過程は出てこないので、それだけでは十分ではないだろうが)。
  • 不幸にして生じたトラブルの解決の仕方としては、この件は、こういうと失礼だが、あまりに上手くないと思う。そういう意味では「カブトムシ」での記事へのコメントにあった「有罪・無罪以前に、こんな訴訟を招いてしまったことの方が問題」という指摘に賛成。仕事をしていて、「訴訟になったら、その時点で負け」、と常々思うので。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク