FC2ブログ

彼が水着に着替えたら?

オリンピックで、もうひとつ気にしていたのが、北島選手。金メダル2つで目出度い。北島選手というとレオパレスのCMですき焼きの肉を掻っ攫うCMが印象に残っている。かっさらった後で周囲を睨むあの目が実に「らしい」のが印象的。彼をあのCMに起用した人は偉いと思う。

それはさておき、今さらながら水泳の水着騒ぎについて、少しだけ企業法務的に?考えてみたことをつらつらと。

まず、あれだけの性能差が出ていると、国内メーカーは契約関係をごり押しできないよな、と思ったのだった。ごり押しして、着て出て負けた日には、戦犯扱いされて、どういう目に遭うか予想もできない。消費者に対するマイナスの影響もさることながら、うっかりすると、この後、選手が誰も着てくれなくなる可能性だってあったと思う。選手の側からすれば、怖くて着られないと判断されかねない(今後同様の事態が生じたときにまたごり押しされると思うと、着にくいと判断してもおかしな話ではない)。どちらに対しても、契約関係を楯にごり押しする企業と取られるのはマイナスだろう。特に、オリンピックのような、「次回」のない場においては。

もうひとつ。この件の発端は、要は水泳の水着に関するレギュレーションの解釈問題に端を発しているようだ(裏を取っていないがそういう報道をニュースで見た)。仮にそうだとすると、レギュレーションにどう対応するか、ということを、関係者は今以上に真剣に考えたほうがいいのだろう。それはレギュレーションをどう有利に解釈するか、だけではなく、場合によっては、どのようにレギュレーションそれ自体を有利に変えるか、そのために必要なロビーイングをどうやっていくか、ということが必要になろうと思う。そういうところからして競技になるというのが良いとは思えないが、仕方がないのだろう。

話がそれるが、以前アメリカでDCメインのローファームのパートナーと話をしていたら、そのファームではDCメインということもあり、ロビーイングも業務としてやっているという話をしていた。論理をもって、ルールを作る過程に影響力を行使しようという試みなのだから、法律事務所がやってもおかしくはないと思うのだが、日本の法律事務所(共同事業系は除く)でそういうことをやっているところはどの程度あるのだろうか。まあ、日本の政府相手の場合、どの程度ロビーイングが有効なのかという話もあるが。

さて、水着の話の場合、あの水着を禁止するようにレギュレーションを変えさせようとしたら、どういう論拠がありうるのだろうか?

まず思いつくのは、北島選手が一度着ていたTシャツではないが、水泳競技は個々の選手の能力を競うものであり、水着の能力を競うものではないから、水着の能力で優位な差がつくのはおかしい、という考え方。正論過ぎるのかもしれないが、少なくとも否定はしにくいように思う。

次にあの水着は選手の身体への負担が大きすぎて良くないという議論。締め付けがきついようなので、そういう方向から攻めるのもありだろう。医学的なデータを取ってみるとかして、補強することができるのかもしれない。

値段が高すぎて、金持ちしか着られない、という批判はありうるだろうが、金銭的な問題だけでせめても、値下げされると意味がなくなるので、今ひとつか。

僕自身は発想が貧困なので、この程度しか思いつかないが、もっと他にもあるのではないかと思う。

ともあれ、日本人がレギュレーションに真っ向から対抗したという話は僕は残念ながら聞いたことがないが、今後はそういう方向でも闘えるようになってほしいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク