FC2ブログ

スポーツと興行

思いのほかあちこちで話題になっているので、一言。ろじゃあさんのところで話題になるのはありそうな話だが、弾さんのところでも話題になるとは…。

個人的には、中日にも日本ハムにも興味はないので、今回の日本シリーズにはまったく興味がなかったのだが、流れている諸々を見て思うのは、「勝ち負け」か「記録」かという二項対立でいいのか?ということ。記録達成して勝ってナンボなのではないか。そういう意味であの監督さんはあまりにも安易に流れすぎたのではないか?

「スポーツ」といいながら「興行」というか「ビジネス」でもあるわけで、そういう意味で、「スポーツ」の面だけしか考えないのを許して大丈夫なのかなという気がしている。スポーツとしては、MLBの迫力には勝てないだろうし、そうなると、日本のプロ野球としての先細りに歯止めはかからないような気がする。興行としての要素も無視すべきではないと思う。だからといって、プロレスみたいにしろという積もりはカケラもないが(あれはあれですごいのだが)。

それと、投げている当人のマメがどうのこうの、というのがあったのなら、それは、批判を受けてから「後出し」すべきではなかったように思う。観客の期待が盛り上がっているところに水をさす結果になる以上、それ相応の説明はあってしかるべきかと思う。方法がなかったとは思えないし。
(何だか不祥事対応のような感じで考えてしまうのは、仕事柄ということなんだろうか)

コメントの投稿

非公開コメント

新庄が出ないのはどこも一緒では?

bunさん、どうもです。
若い投手にそこまでを望むのは酷でしょう。だからこそ、監督に何とかしてほしいわけで…。彼クラスのひとがこの程度の配慮を出来ないようでは、やはり先が思いやられるような気がした次第です。

新庄は…ああいう人が出る・出ないは、まったくの運だと思うんですがねえ…。

ごもっとも。でもそれができるほど山井本人が役者でなかったのですね(笑)

若くてまだああいう大団円を取り仕切る器まで育ってないところ完全試合の記録だけがちゃくちゃくと仕上がってしまってびびったんだと思いますよ。中日の選手って昔からああいう場で観客を喜ばせられるようなリップサービスなどができない純朴な性格の選手が多くてそこがまた中日ファンが「まったく中日だなあ」といたらぬのをかわいがる感情でみるところなのです。まあ全国区にはなれません。はい(笑)。これからも新庄みたいなのは間違っても出てこないでしょう(笑)。

言うべきことをきちんと言っていたのかどうか…

bunさん、いつもどうもです。
まあ、マメがあって、本人が下りるというなら、確かにそれはそれで、それ以上文句を言うのは話ではないのだろうだと思います。
ただ、観客が記録への期待をしているときに、下りるのですから、その場でそれ相応の説明があっても良かったのではないかと思うのです。そこできちんと説明しておくのが、ファンに対しては重要なのではないかと思います。あの場で彼がマウンドを下りるという行為の意味が、ベンチサイドにとって(大事をとるのと、勝ちを取る)と、観客にとって(大記録がかかっているのに…/勝つには止むを得ないという判断もありましたが)と、食い違っていたことについて、もっと気を配るべきで、観客に無用に肩透かし感を与えるべきではないと思うのでした。
「興行」としては、TV等を通じて接する人も含めた広い意味での観客への説明があるべきではないかと思うのです。

弾さんと落合さんが似ているというご指摘は、大いに頷きますが、弾さんのところでスポーツネタが出るというところが何だか新鮮な気がしました。

それでは。今後とも宜しくお願いいたします。

こんにちは。中日ファンのbunです。

山井本人が降りるって言ったらしいと聞いてこの問題僕の中では決着しちゃいました。本人が降りると言ったんですから落合批判は当たらないと思います。僕の個人的な見方ですが、落合さんは「部下のみんなをかばって嫌われ者になるリーダ」の物語にロマンをみている人なので、いかにもハマリ役だな、と思いました。中部財界からも嫌いだとはっきり明言する人が少なからず出てますが(軽自動車屋さんとか)、僕はかなり好きな方です。氏はぶっきらぼうな物言いを敢えてして、相手がものの言い方を聞いているのか、言葉の意味を聞いているのか、テストしているんじゃないか、と思います。でものの言い方を聞いている人とはコミュニケートしないわけです(笑)。

勝手な見立てですけど弾さんと落合監督ってとっても似てる気がします(笑)。

いやはや、お呼びたてしてすいません

ろじゃあさん、コメントいただきすいません。
考えが煮詰まらず、中途半端な書き方になってしまいましたが、ろじゅあさんのご意見をお伺いできれば助かります。
それでは。

ありそうな・・・

ありそうなろじゃあです(苦笑)。
この件実は結構マジメに考え始めるとものすごく悩ましいお話なんだろうと思います。
しばらく頭を冷やしてからまたエントリーしたいと思ってます。
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク