スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Group Work?/Corporate Finance

Corporate Financeの試験は、与えられたM&Aの事例を事前に分析したうえで試験場で問題を解くというもの。データが足りないところを適当に想定をかまして分析するわけで、この想定のかませ方が一つのポイントになるようだ。


この科目、Group workがあると聞いていたが、結局あまり他人と協力する感じが無く(日本人が他にいないところで、ファイナンス用語を英語で話して協力するのが面倒だったからだが)、ここまで来たのだが、ここに来ていきなりGroup Workをしている。


近所に住んでいるアルゼンチン人のSと最終日の授業から帰る電車の中で情報交換をしようと言ったら、気がついたらメールのやり取りの宛先に含まれていて(面子の必然性が見えないがまあいいだろう)、メールで議論する形になっている。これはこれで面白い。何よりメールなので自分のペースで考えることができるのがめでたい。


現在の問題はWACC(資本コスト)の算定。与えられたデータから素直に計算すると、負債コスト(要は利子率)の方が株式の配当率より高いという、ありえない感じの結果になる。倒産リスクの高い株式の方が高いリターンを求めるはずだから、何かがおかしいのだけは間違いない。どう対処するかが問題。利子率の計算がおかしいのか、株式の配当率がおかしいのかどっちかなんだろうが、さてどうするか。


それよりも、最初に試験のあるInternational Business Transactionの勉強をすべきなんだが、これはこれで面白いからまあ、いいか。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。