FC2ブログ

特許実務契約の実務


前に書いた同じ著者(+補訂者)の「特許実施契約の基礎知識」の続編というべきもの。主に国内での特許実施契約について、通常含まれそうな各条項について解説した部分が中心。その他にノウハウの実施契約についての解説等も含まれている。

主に国内での契約を想定しているものの、重なる部分については、海外との取引でも使える部分は相当あると思う(もちろん準拠法や訴訟管轄等の議論がないので、この本の記載だけでは十分とは言えないが)。
各条項ごとに例文を挙げて検討しており、それなりの分量があるので、手元に置いて疑問があれば都度参照するのが良いのだろう。実際の交渉で出てくるのは更に一捻り、二捻りしていることもままあるけど、それでも、この辺りを押えたうえで考えて都度ゆくという形になると思う。

特許とノウハウの実施契約の部分は良いのだが、共同研究開発契約とライセンス契約に関する部分が、「さわり」だけしか書いていないのが不満なところ。細かいところを言い出せば、これまた相当のページ数が必要になるのだから、触れずに、その分、特許とノウハウの実施契約に関する解説をしてほしいと思った。

こうやって2冊読むと、朧気ではあるが、気を使うべきポイントが見えてきたような気がする。まあ、気がするだけでは役に立たず、実務に生かせないといかんのだが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク