FC2ブログ

最初の一歩(特許法)












転職した先のでは、主に特許関係の契約書を扱うことが多い。法務部とは別に知財部があるので、特許取得を扱うわけではないが、それにしても特許法とか独禁法とかを見ることが多い。ところが、前の職場では、僕はこういう辺りを扱っていなかったので、さっぱり分からない。

見よう見まねで仕事は進まなくはないのだが、それでは心許ない。

ということで手にとったのが上記の2冊。いずれも定評のある著者によるもの。某有名企業法務ブログでも紹介されていたし。
確かに版を重ねていて読みやすい。
といいつつ、僕には合わなかった。

「特許がわかる12章」は特許の世界の全体像を分かりやすく示す良い本だと思うが、何故か印象が薄い。総花的?ということだろうか。

「特許の知識」は、膨大すぎるのと、引用されている判例の事案がよく分からずあっさり挫折。巨大な森の中で迷子になる感じ。とはいえ、通読するのは難しくても、必要に応じて辞書のように参照するというのには適しているように思う。軟弱な話ですが。

別にもう少し「法律書」的な色合いの強い本で薄めのものを読んでみようと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

英語の文章も特許関係も毎日出会っています

yotty様はじめまして。
結局、アメリカとのやり取りで毎日英語のメールを読み書きしていますし、特許関連の案件もあって、ここで読んだものが多少は?活きているのではないかという気がしています。
今後とも宜しくお願い致します。

特許に関係するお仕事で、大変ですね。でもめげずに、頑張ってください。そのうち英語の文章に出会うこともあるかもしれませんよ。
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク