スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず英語学習について今言えること

備忘の意味で書いておく。
一応留学とか海外勤務とか短いながらも経験したので、英語を使うことについて、少しは進歩したように思う。振り返ってみてアドバイスできるかなと思うこともあるのでいくつか書いてみよう(今の職場には20歳台の人々もいるので彼らにアドバイスするつもりで書いてみることにする)。あくまでも現時点での感想という程度。
周囲には僕なんかよりも出来る人が、それこそ掃いて捨てるほどいるのだが、まあ、それはそれということで。

まず言えるのは、そもそも目標設定を明確にしましょうということ。それが別にTOEICとかTOEFLの点数でも良いと思う。言葉に関する事柄なので、どうしてもそれなりに時間をかける必要がある。その意味で、それなりにご利益が実感できるようになるまでの間だけでも、訓練が続けられるように、モチベーションを保つに足りる具体的な目標が必要と思う。

次に、その目標に照らして何が足りないのか考えて、補うことだろう。ついでに言うと、訓練しないことは出来るようにならないと思ったほうがいいように思う。話せるようになりたいのなら、話をしてみて、どういうところが欠けているか考えて、それを補ううえで何をするか、ということ。

もう一つ言うと、教材は自分が続けられるものを選ぶこと。自分の好みに合わないと続かないから。続くようなものを選ぶのが重要だと思う。そういう意味では自分の好み・性格を見極めることが必要で、他人にとってどうかと云うのは参考程度に考えたほうがいいように思う。
抽象論だけでは致し方ないのでもう少し具体的に。

会話について言うと、個人的に一番会話能力の向上に役立ったのは、NHKラジオの英会話で3行程度の英文を音読するのを半年程度続けたこと。口を動かす練習なしには会話は上達しないと思う。地道だし、恥ずかしいものがあるけど、こればかりはある程度以上継続してやらないと進歩しない。
発音については、良い方がいいのは確かだが、神経質になって何も話ができないよりは多少発音がおかしくても話をした方がいい。相手が推測してくるのを利用してもいいし、通じないようなら言いかえで補うとか、発音できないような語彙はそもそも使わないとか、程度問題はあるものの、何とかする手はあると思う。

あと、いざ話をする際には、大きな声でゆっくり目に喋るようにすると日本人には丁度いいのではないかと思う。これは前の会社で留学前にいた部署の部長(海外駐在経験が長い)からのアドバイスだったが、かなり当たっていると思う。自信がないから、小さな声で早口になってしまうのだが、そうなると余計に相手が聞き取れなくなるので。

読むほうはやさしいものを多読するのがいいと思う。blogを始める前のことだが、SSSに従って70万語分くらいGraded Readersを辞書なし・つまらなければ途中で止めて可という感じで読んだら、読むのが随分楽になった。これも難易度・内容面で読めそうなものを選ぶのがポイント。

聞くのについては、今はネット上にポッドキャストとか色々あるけど、最初のうちはスクリプトがあるのを選ぶといいと思うし、興味がある内容のものをスクリプトを見ながら聞くのが良いと思う。個人的にやってよかったのは、NHKラジオの「やさしいビジネス英語」(今のビジネス英会話だけど、その頃は今よりも時間も長くて内容も濃かった)で、言葉の定義についてネィティブのアシスタントが説明するのをディクテーションしたこと。今にして思えば何であんなことやっていたのかよく理解できないが、いずれにしてもそういう手間をかけてやったのが効果があった。

最後に書くことについては、これもある程度書くことを継続しないといけないのだろうが、僕自身も、書くことについてだけは、こういうことをしたら向上したと言えるものがないように思う。おそらく、LLMやその出願準備、それから、シンガポール赴任時に結果的には色々書いたのが効いたとは思うがよく分からない。これについてだけはエラソウなことすら言えない。何しろ転職前にシンガポールの事務所で最後に上司から「書くことについては君はまだまだだから、次のところでも精進するように」と言われたくらいだから。

まあ、エラソウに書いてみたが、どなたかの参考になれば幸甚というところ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。