スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境法入門 第2版 (有斐閣アルマ) /交告 尚史 (著), 臼杵 知史 (著), 前田 陽一 (著), 黒川 哲志 (著)


行きの移動中に読み始めて、ようやく一通り目を通したので、雑駁だけど感想をば。

環境法という分野の全体像を要領よくまとめた本、ということになるのだろうか。学際的な要素があることもあって、一人の著者が無理に全部書くよりも、複数の著者がそれぞれの専門性を活かして書くことが上手く作用したのではないだろうか。一人で全部について説明をするにはあまりにも内容が広範過ぎると思われるので。


最初に主なトピックスについての説明をしてから、環境法の基礎知識について説明するというスタイルは、普段目にする事例から話に入るので、とっつきやすく、そのおかげで読みやすく感じられた。

とはいうものの、あまりにもグローバルすぎる話については、正直ピンと来なかった。こちらの業務との関連で関心を抱いている以上、その辺はやむを得ないのだろう。

学問的にも新しい分野(その点に関係するが、巻末の歴史年表は興味深い)だし、不確実性を扱う分、はっきりしないところが多々あるというのが偽らざる印象だが、そこに面白さを見出す人もいるのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。