スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やぁ。

不覚にも見落としていたが、某所より教わったので逃さずに済んだ。感謝感謝>某所

[究極超人あ~る]25年ぶりに新作 5日発売の「スピリッツ」に掲載

人気マンガ「機動警察パトレイバー」や「鉄腕バーディー」などで知られるゆうきまさみさんの出世作「究極超人あ~る」が、25年ぶりに読み切りの新作で復活することが2日、分かった。5日発売の週刊マンガ誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)49号で24ページにわたって掲載される。R(あ~る)・田中一郎らの主要メンバーが登場し、連載当時の雰囲気を引き継いだにぎやかな内容に仕上がっている。



あ~るは名作なのです(キッパリ)。サンデー名作ミュージアムでも取り上げられているし。

高校時代愛読して(未だにコミックス全9巻が手元にある。学生のころから手元にある漫画はこれだけだ)、部室に溜まる生活にあこがれるようになり、大学で某サークルに入ったわけで...大きく影響(?)を受けた漫画であることには間違いなく、今回の読み切りも、不覚にも見落としていたが、個人的には嬉しく、かつ、見逃せないものだったりする。
ノリは例によって例のごとく、で、懐かしさを感じつつも違和感なく読めてしまった。ネガポジリングが、今の世代には通じない、という指摘が個人的にはツボだった(確かにそうだよね)。絵とか線については、多少変化していて、音楽で言うと、オリジナルの新作と言うよりは、よくできたセルフカバーという感じがしないでもないのは25年という時間を考えれば、まあ、仕方がないだろう。

今回1号限りの復活となったのは東日本大震災復興支援企画とのこと。

小学館では、同社が発行する「スピリッツ」「サンデー」「ゲッサン」の3誌で、東日本大震災の復興支援プロジェクト「ヒーローズ・カムバック」を展開しており、今回の新作はその第2弾。プロジェクトは、「ギャラリーフェイク」などで人気のマンガ家・細野不二彦さんの呼びかけで8人のマンガ家が「最強のヒーロー」を描くというもので、13年3月中旬に単行本化し、必要経費を除くすべての収益を被災地に寄付する。「スピリッツ」50号には吉田戦車さんの「伝染(うつ)るんです。」を掲載。ほかにも高橋留美子さんや椎名高志さん、荒川弘さんらが参加する予定。


3月の発刊予定の単行本も当然購入する予定。こういう企画は悪くない。

追記)そういえば、漫画の週刊誌買ったの、いつ以来だろう?おそらく10年以上買った記憶が無い...。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。