スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば

例によってOPUSの話ですいません。とりあえず4枚一通り聴いたわけですが、何より、CDをプレイヤーに掛けたのが久しぶりだなと思い至ったのでした。なんだかんだで家でもPCの前にいることが多いわけですが、そうなると、音楽を聴くのも、ついようつべとかに行くとか、PCのiTunesに向かいがち。気軽に様々な音楽にアクセスできることそれ自体はもちろん悪いことでないというか、良い事のはずなんだけど、その一方で、CDとかもこれじゃ売れなくなるよなと変に実感するわけです。そういう意味で、このタイミングでCD出す理由として「パッケージメディア」がきちんと出せるうちに出しておく、という達郎さんの話もむべなるかな、という気が、改めてするわけです。

とはいいつつ、配信系に全面に移行するのは、個人的には違和感が強い。今のところは、最悪なくなっても諦めがつくもの、または、配信のみのもの、しか買っていない。理由は簡単で、データは再生環境が将来変わったときに、引き続き再生できるかどうか、心もとないというところが大きい。加えて@takujihashizumeさんが以前エントリにされていたように、iTunesから買うと最悪、ダウンロードしたばずのものにアクセス権をApple側が否定してくるリスクがあるというのであれば、なおのこと、不安感が強い。好きなときに聴けるという安心感が欲しいから音楽を買うわけで、欲しい物が手に入らないとわかっているのに、金を払う気にはならないというだけにすぎない。

それと、パッケージメディアのパッケージの部分も、音楽を聴くうえでは、個人的には無視できないという気がしていて、それを欠くことになる配信ものは、そういう面でも違和感が残る。ライナーノーツとかブックレット、パッケージの作り・手触りから伝わってくるものというものもあると思うので。

仕方がないことではあるのだろうが、何だか微妙な気分である。こんなネガティブなことを書いて、意味がないのかもしれないが、黙っているだけでも仕方がないと思ったのでメモをしておく。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。