スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書の見方・つくり方 (日経文庫) /淵邊 善彦 (著)

#出かける前に慌てて仕込んでいるので、後日追記予定。



「ビジネス法務の部屋」で山口先生が取り上げておられたので、近所の図書館で借りてみた。契約書関連の書籍は、契約法務の業務もしている関係上既に手元に一定数があるので、買うかどうか一瞬ためらったのだった。一読してみると、山口先生がコメントしているだけあって、この手の本についてはある程度「擦れっ枯らし」になっていても、十分読む価値があるのではないかと思う。

フォーマットとしては、契約書共通のお話を冒頭にしたうえで、各種契約書についてポイントを解説というよくある形なのだけど、要所要所になるほどと思うコメントがあった。個人的には合弁契約のところでのtag along/drag alongの解説(前者は、多数株主が撤退する際に少数株主を保護することになり、後者は少数株主が残ってしまうと、第三者に売却しにくいという場合に、少数株主にも一緒に売るよう要求する場合に使われる)とか、OEMの性格の説明(事案によって異なるが、製造委託、ライセンス(商標、特許・ノウハウ)、開発委託、共同研究開発、販売代理店契約、など種々の側面を持ちうるので、注意が必要)という辺りは、頭の整理をしてもらったような気がして有用だなと感じた。



もっとも、この本、冒頭では「ビジネスパースン向け」とあるのだが、一定の法律知識があるのを無意識のうちに前提としているかのようで、基本的なところの説明がないので、その辺は留意が必要かもしれない。寧ろ法務の担当者向けという方が内容から見ると適切かもしれない。

新書版で企業法務の業務についての入門をするのなら、同じ著者が関与されている「企業法務入門」と併せて、契約法務については、福井先生の「ビジネスパースンのための契約の教科書」の次に読むべき本ではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。