スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

so much in love

何だかネタが思いつかない(というか、思いつくネタは準備が間に合ってない)ので、久方ぶりのyou tubeから一曲ということで、歌いたい気分に併せてこの一曲。

先日TL上でカラオケで英語の歌を歌うなら、無難な曲はどれか、という話が出ていたが、カラオケでリードのところを歌うだけなら、この曲も候補に上げていいかもしれない(Timothy SchmitのversionはJOYSOUNDに入っているし)。何より短くて、すぐ終わる。

個人的には、達郎さんの一人アカペラのカバーが一番耳馴染みがあるし、以下で紹介するカバーの中でも、完成度が一番高いと思う。
ともあれオリジナルはTymes。



Timothy Schmit(元Eagles)。このカバーが「山下達郎ばりの一人アカペラ」と紹介されたことが、達郎さんがこの曲をカバーするきっかけになったとのこと。


もう一つArt Garfunkel。個人的には声は曲に合っているものの、楽器は何か邪魔な感じだし、他のを聴いた後だと節回しとかに違和感も残る。


もう一つALL-4-ONEのアカペラ。個人的にリードの人の声が何か好きになれないし、途中に入る語りの部分も、何だか微妙な気がした。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。