スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブルというかなんというか

何のことやら。

昨日書いたシアターライブについてのエントリで、省略したことについてのメモ。同じ日に書く気にならなかったので。

一人で観に行くのもつまらないかなと思ったので、山達を教えてくれた某氏と一緒に出かけることにして、2枚チケットを買うつもりだったのだが、結果的に4枚チケットを買う羽目になったのだった。結果的に倍ということになる。どこぞのあれに比べれば可愛いものだが…。



そもそも前売り券(ワーナーの特設サイトで一枚、今度出るOPUS(いわゆるオールタイムベスト)と一緒のセットで買い、もう一枚はコンビニで買った)では、そのまま映画館に入れない。東京エリアの公開館は全席指定のこちらなのだが、前売り券と座席の指定券との引換は映画館に行かないとできないし、かつ、それとは別にサイト上で席指定+入場券の予約が可能となる。その予約は2日前から可能ということ。土曜日に行こうとしたら木曜日から予約が可能となるという仕組み。

運悪く、木曜日にチケットのうち1枚(コンビニで買った方は、会社の近所で帰りに買って通勤カバンに入れっぱなしになっていた)は手元にあったが、昼休みの時点で木曜の午後遅い回の席は既にほとんど埋まっていた。夕方まで待っていると席がなくなると考えて、その場で別途2席分をネットで予約した。チケットが手元に2枚あったとしても、その場で劇場まで行かない限りは役に立たなかったということになる。コンビニで買った一枚については、夕方定時後に映画館まで出かけて、土曜日の午後の早い時間帯の席を1枚取った。そういう次第で土曜日に2度見ることになったのだった。(で、あと一枚残っているので、それをどうするか、という問題が別にある…)

そもそも前売り券とかを取ったとしても、座席指定券との引換に一度映画館まで出かけないといけないというのが、何とかならないのかと思う。それに座席指定券との引換可能な時間も2日前から、というのはあまりにも短すぎる。ネット経由で何とかできないのか、と思わずにいられない。

この辺はチケットをヤフオクとかに出す人間が出るから、そういうことへの対策ということのようなのだけど、そのために、真っ当に見ようとしている人間が割を食うのは、何か間違っていると強く思う。

それと、この件ではもう一つトラブルがあった。チケットとCDのセットを一つ注文して、CDの発売が後なので、先にチケットだけ来たのだが、こちらのエントリにあるとおり、チケットは2枚来ていた。で、後から宅配業者(どことは書かないが飛脚のマークのところだ)が「すいません、枚数間違っていました」ということで回収に来た。あまりに気にしていなかったが、券の入っていた封筒を後でみると、枚数2枚とあるので、封入の時点で間違っていたのだろう。こちらについてもどこかで何が間違ったのかわからないが、お粗末と言われても仕方があるまい。

ワーナーと東宝との提携の中で実現したと思われる企画なので、色々難しいところがあるのだろうが、ちょっとひどくないか、というのが正直な印象。内容的には2回見てもよかったのだが、そういう問題ではあるまい。Live自体チケットが取りにくい中、非常に良い企画だと思うのだけど、何だかいただけなさも残る企画だった。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

tkmくんいつもどうも。

転売防止の観点からは一理あるけど、転売防止のために、まじめに見ようとしている人間にしわ寄せが行くのは違和感を禁じ得ないのですよ。僕自身はチケットを取るために劇場に行くのもできるけど、みんながみんなできるわけじゃないよね。

次回以降が、もしあれば、何とかしてほしいと強く願うばかりです。

ではまた。

随分、煩雑なシステムでたいへんだったね。でも転売防止のためには、現時点ではベストな方法なのかもね。
いずれは、ユーザーの手間も掛からず、尚且つ不正もできないような画期的な販売方法が編み出されることを願う。
せっかくの上映会に水を差すようなことは、あってはならんよ。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。