スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らずを抜いた

麻酔が切れないうちにエントリを書いておこう(違)。

どうも右の下の奥歯の辺りが痛んで、口が開けにくいことがあったので、近所で土日開いていて、開院したばかりのところに行ってみた。今住んでいるところに来て以来はじめて歯医者に行ったので3年ぶりくらいか。
朝方行って事情を話すとレントゲンを撮ろうということになって、レントゲンはデジタルで撮って、画像をすぐにiPadで見せてくれたのがなんとも今風。

で、場所から見ても親知らずが原因だろうという事になって、抜くという話だが、歯科医師曰く、抜歯は口腔外科の先生に任せていて、本日夕方来るというので、夕方にもう一度来て抜いてもらうことにした。

親知らずを抜くのは4度目、というか、これが残っている最後の親知らず。前に抜いたのはいつのことだったか。左の下の時は2時間近くかかったうえに、歯を割って抜いて、口の中で「バキッ」とか音がして何だかエライ消耗したので、戦々恐々という感じで歯医者に向かった。

専門医の先生はジェントルな感じで丁寧なんだが、力強く、顎とかに力を相当加えつつも、短期間に、40分程度で抜いてくれた。最後に「僕抜くの好きなんで、周囲にどなたかお困りの方が居られたらご紹介ください」って名刺もらった。商売熱心さにびっくり。

傷口を糸で縫われたので、おそらく抜糸とかあるのだろう。まあ、なくても様子を見てもらうために何回か通う必要がある。

追記)麻酔が切れて、痛み止めを飲んでも効いていない。痛すぎ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。