スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2012年 08月号 [雑誌]


例によって例のごとく、印象に残った記事の感想をば。いつも以上に雑駁な感想ですいませんすいません。

一番印象に残ったのは、特集ではなく、別冊付録。まあ、個人的な関心(詳しいわけではないけど)がある分野だからしかたがないか。専門のベンダーで、時折本誌にも記事を書かれていて、個人的にはblogを拝読しているJi2さんが書かれたもので、全体像を把握するうえで非常に有用だろうと思う。日常的にアメリカでの訴訟のリスクに晒されていない企業にとってこそ要保存だろう。
惜しむらくは、判例や参考文献の紹介の仕方がいまいちで、現物に当たりにくいように思われる所。まあ、googleで検索すれば出てくるだろうという理解なのかもしれないけど、探すのも結構手間なので、やはり載せておいて欲しかった。
と、言うだけではアレなので、参考文献の3冊については、リンクを貼っておく。最初の1冊目だけは出版社のサイトへのリンクにしておく。サンプルの章とか目次とかが見えるので。
  1. e-Discovery FOR DUMMIES
  2. Electric Discovery and Digital Evidence in a nutshell
  3. A PROCESS OF ILLUMINATION The Practical Guide to Electric Discovery
海外での訴訟という意味で長谷川先生の証拠保全に関する記事も興味深かった。特に仲裁で紛争解決する場合に、裁判所を通じた証拠保全の可否について、知らなかったので、参考になった(あまり実務で役になってほしい知識ではないが…)。一旦連載は終了とのことだが、予告されている取引類型ごとの各論にも期待。できれば国の範囲を広げて欲しいと思うが、それは難しいか…。

海外M&Aのデューデリの記事は、まあ、そうかなあという感じ。少ないながら経験した範囲ではPMIを十分に見据えていないと後々でトラブルの原因になるということを実感したので。DDにだって費用対効果は重要なはずだから、PMIを見据えて、重点を置くべきポイントを絞らないと、労多くして功少なしということになりかねないと思う。

スルガ銀行対日本IBMの事件の特集は、双方のサイドにたった方からの意見提示を、元SEの弁護士さんが捌いていくという形で、読んでいて面白かったが、一方で、この判決の問題点というか、何らかの点で論じられていなかったこと、よく言われる判決の射程距離も、よく理解できたように思う。

合わせて、ユーザからみたソフトウエアライセンス取引のおける課題の記事も、当該取引類型において、ユーザ側がどういう法的な問題に直面しうるか、を鳥瞰できて、ある意味でチェックリスト的な使い方もできそうな気がして、便利そうな気がした。

コンプガチャの話は、足の速い業界での役所とのつきあいかたの難しさというものを、読んでいて痛感した。B2Cのビジネスということになると難しさが増すような気がする(こちらのエントリとも通じるところがあるのかもしれない)。

役員の法的な責任の議論は、山口先生の記事も興味深いけど、どうしても、各社の現状の方がナマっぽい分だけ気になってしまう。それぞれの状況に応じて色々大変だよなあと、つい想像してしまった。
(名前が明らかになっていないものについては、業種名などの記載から、読者交流会とかでお目にかかったことのあるあの方ではないか、とか何とか気になってしまうのは、いつものこと)
最後は例によって本家から目次の引用

[第1特集] 実務担当者は何ができるか 役員の法的責任を考える

類型別に整理する役員の責任 

山中 修 弁護士
[ケーススタディ]役員の義務違反はこうして起きる

山口利昭 弁護士
各社の現状

■ ケース① トップが強すぎる会社の実状と理想

機械 法務担当



■ ケース② 資料作りの増加がガバナンス向上の証明

精密機器 法務担当



■ ケース③ コンプライアンスリスクの認識は役員としての大前提

海永修司 パルコ 執行役 グループ監査室担当



■ ケース④ 経営にものがいえる法務に

コンサルティング 法務担当



■ ケース⑤ ホールディングス化でできた役員育成システム

機械 法務担当

[第2特集] スルガ銀行 対 日本IBM事件 システム開発契約への実務的影響
東京地裁判決のポイント解説 

吉田正夫 弁護士
[鼎談]ベンダ・ユーザが学ぶべきこと

野々垣典男 JTB情報システム 常務取締役 経営企画部長
大谷和子 日本総合研究所 法務部長
松島淳也 弁護士

[Focus] コンプガチャ規制の教訓 適法性判断の難しさ
コンプガチャ問題をめぐる消費者庁と企業の対応を振り返る

泉水文雄 神戸大学大学院法学研究科教授
[REPORT]消費者庁対応で不覚をとったソーシャルゲーム業界の困惑
消費者保護を重視した景表法対応

中西 開 電通 法務室 法務1部長
[REPORT]ビジネスを止めるべきか否か グレー案件における社内調整の難しさ
法のグレー部分を広めに規制する消費者庁の姿勢

白石忠志 東京大学教授


INTERVIEW
国内外6か所の法務拠点で支えるグローバルな事業展開

横山 豊 日本板硝子 総務法務部 グループリーダー


OPINION
企業法務に求められるもの

小林利治 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 理事長


Inside Story
「弁護士就職難」の真実

渋谷高弘 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

破綻懸念先の取引先が会社分割をしようとしたら
大野 渉 弁護士
企業会計法Current Topics

アメリカと非公開会社向け会計基準
弥永真生 筑波大学大学院教授
外資系企業に学ぶ 契約審査プロセスの標準化

契約交渉とPlaybooksの使い方
外資系企業法務部長
ハブ法務思考で実践するグローバル訴訟マネジメント

各国における民事保全制度を理解する 裁判確定までの権利侵害拡大の防止策
長谷川俊明 弁護士
World Legal & Business Guide

インド
西垣建剛 弁護士
Global Business Law Seminar

ユーザから見たソフトウェアライセンス取引における課題
小西浩之 一般社団法人GBL研究所研究員・ユーザ系企業法務担当者
[新連載] 不祥事の解剖学

傍流事業に潜む危険 メルシャン循環取引事件
樋口晴彦 警察大学校警察政策研究センター教授
これまでの「交渉」の話をしよう

ドイツ、ボッシュ社との交渉と川中島の戦い
松田 實
牛島信のローヤー進化論
[TREND]日本企業が中国の法律事務所に直接依頼するメリットは?
[TREND]3.11後のコンプライアンス
[座談会]海外M&Aにおけるデューデリジェンスの最新動向と注意点
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。