スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手ごわい頭脳―アメリカン弁護士の思考法 (新潮新書) / コリン・P.A. ジョーンズ (著),


Bookoffで捕獲。上から目線感が一部に見え隠れするような気がして、最初は読む気がしなかったが、ともあれ、アメリカン弁護士(紙の上では僕もそれに含まれるのかもしれないけど)の思考法、リーガル・マインドとアメリカの法制度について、日本人にわかりやすく説明してくれている本。LLMとかに行く前に読むのも有用だろうし、アメリカ人の弁護士と交渉する前に読んでみてもいいかもしれない。

さすがに、記載内容については今更驚きはしないけど、個人の主義主張とは切り離して、道具としての法律を使いこなすという意味で、徹底されているということは改めて感じた。それが良いのか悪いのか、というと、自爆かもしれないけど、個人的には無批判に賛成はしかねるのだが。

それと、昨今の政治・行政(中央もそうだし、大阪市もそうだけど)を見ていて思ったのは、政府に対する不信感は、日本も見習った方がいいのかもしれないということ。政府に対する歯止めとしての陪審制とか情報公開とか、そういう諸々の制度があることの意味は、重要かもしれない。今更遅いのかもしれないけど。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。