スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2012年 07月号 [雑誌]


例によって、印象に残ったところについて、感想を順不同でメモ。いつもより短めですいません。

メインの特集は、ブックガイド、業務委託契約、と並んで定番化している(?)研修に関するもの。とはいえ、毎回切り口が異なっていて、今回も読み応えがあった。分野・対象別に、論点の一覧などが提示されていて、研修において、メリハリをつけるためのアイデアが含まれているので、実際に研修をすることになった時には参考になると思う。

その中でも個人的には次の2つ。
  1. 契約書審査の項。契約審査の理由は、ある意味当然過ぎて見落とされることもあると思うけど、やはり忘れてはいけないな、と実感した。また、論点の一覧は、重要ポイントをうまく抽出できていると思った(某アプリで、取引類型ごとに契約書のチェックリストを載せようとしたけどうまくできなかったこともあり、結局ボツにしたことを思い出した)。
  2. 研究開発部門向け。どうしても知財権絡みの話に目が行きがちな気がするけど、実のところ、それだけではなく、原材料や機械の納入に関する問題、危険な物質を取り扱うことに関する問題、労務問題(職務発明以外にも)もあるわけで、その辺についても触れられているのが重要かと思った。


外資系の契約審査についての話は、まあ、確かにそういう感じ、かなと思う。うかつなことが書けないけど。標準化されたテンプレートが細かく揃っているのは事実。審査については、僕の勤務先では、そもそも日本の顧客との契約でも、日本現地法人が契約名義となるものと、米国親会社名義で契約するものとあって、後者については、審査自体親会社側の法務の担当者がしているという話があるが…(こちらは得意先が日本語で言っていることの通訳くらい)。

改正派遣法の話は、これはこれでまた面倒なことになりそうな気がしないでもないが、まあ、ぼちぼち対応するしかないのだろう。

独禁法のパネルディスカッション。個人的には冒頭の上杉さんの、業務提携に関するざっくりとした整理が印象的。こういうざっくりした整理が一番使い勝手が良いような気がした。

ハブ法務の秘匿特権の記事。どうでもいいけど、EU法上はインハウスは秘匿特権を否定されていたと思うのだが、その辺に触れられていない点には疑問が残る。取扱いの難易度が相当変わるはずなので。


最後に例によって本家から目次の引用。

[特集] 分野別・対象別に提案 法務研修プログラム

【分野別】
国内での企業活動に関する コンプライアンス

五島 洋 弁護士
海外事業展開に関する コンプライアンス

森本大介 弁護士
契約書審査

丸野登紀子 弁護士
独占禁止法 優越的地位の濫用・下請法を中心に

塩田薫範 弁護士 / 吉峯耕平 弁護士
広告表示・キャンペーン

高橋善樹 弁護士
情報管理

中崎 尚 弁護士

【対象別】
管理職(労務)

中村克己 弁護士
研究・開発部門

木村貴司 弁護士・弁理士


[特別企画]
クライシス・マネジメント基礎講座

[スピーカー]

郷原信郎 弁護士 / 梅林 啓 弁護士

[モデレーター]

北島敬之 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 代表取締役

[実務解説]
改正労働者派遣法 実務への影響 

柏 健吾 弁護士/ 近藤圭介 弁護士


[特別企画] 独禁法違反防止のための実務対策
[Panel Discussion(2)]提携・情報交換、ネット取引、抱き合わせ
具体的問題の解決策を探る

[パネリスト]

上杉秋則 シニア・コンサルタント

伊藤多嘉彦 弁護士
中川裕一 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 法務グループ リーガルマネジャー
丹野真秀 富士ゼロックス 法務部 リーダー

芳賀孝治 TOTO 法務部 東京法務グループ グループリーダー
城崎慶子 インクリメントP 管理部 知的財産法務部



[モデレーター]

中尾雄史 弁護士


INTERVIEW
現場目線のチームプレーで店舗運営と事業拡大をバックアップ

北木繁久 ファミリーマート 執行役員 管理本部 法務部長
高田俊明 管理本部 法務部 マネジャー


[集中連載]外資系企業に学ぶ 契約審査プロセスの標準化
業務均質化のための「オプション条項」

外資系企業法務部長


OPINION
債権法改正、その現実的「効果」?

角 紀代恵 立教大学法学部国際ビジネス法学科教授


Inside Story
債権法改正、中小企業の資金調達は変わるか?

小林健一 日本経済新聞社


連載
実務解説

内部通報制度の存在意義と改善策
松田秀明 弁護士
企業会計法Current Topics

慣行または基準の唯一性
弥永真生 筑波大学大学院教授
ハブ法務思考で実践するグローバル訴訟マネジメント

各国における弁護士「秘匿特権」を活用する 証拠開示義務への対応法
長谷川俊明 弁護士
World Legal & Business Guide

中国
大塚慎治 弁護士
Global Business Law Seminar

先発明主義から先願主義へ
浅井敏雄 シャネル 法務部長・弁理士
具体例に学ぶ e法務ソリューション

デジタルデータ証拠調査の具体的ノウハウ
AOSテクノロジーズ
これまでの「交渉」の話をしよう

TI社との特許訴訟と「和をもって貴しとなす」
松田 實
牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。