スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え、そうなの?

さとなおさんの日記(さなメモ)を読んで、!と思ったのでメモ。

日本人が好きな格言に「自分がやられて嫌なことをヒトにするな」みたいなのがある。もっともらしく聞こえるけど、これは「自分が嫌なことと他人が嫌なことは同じである」を前提とした甘えだ。

そうなのかなあ?

僕自身、何かの加減で信条とか訊かれたら「己の欲せざるところを、人に施すことなかれ(己所不欲、勿施於人)」と答えるのだが(論語にあるので如何にもっぽいのがヨサゲに見える)…その前提として、この言葉の意味として考えていたのは、確か(うろ覚えですいません)、自分の好むものを他人に施せ、というような言葉がキリスト教系にあって、それだと、自分が好きなものは他人も好きなはずだ、というジャイアン的な議論に思われて好みにあわないので、寧ろ、他人の好き嫌いはわからないから、せめて、自分が嫌なことは、相手も嫌かもしれないから、とりあえずしないでおこう、という程度の意味に考えていたのだが…そういう考え方はマイナーなのか…。ま、別にいいけど。

前に書いたかもしれないけど、ついでにもう一言。信条というと、以前、新卒での就職活動の時に、某社の最終面接で、面接前のアンケートを書かされた際に、あなたの信条はなんですか、という質問があって、何の準備もしていなかったので、思いつきで「タイミングにC調に無責任」と書いたら、面接時に受けはとれたが、言い訳に苦労した(そんな軽薄な信条でわたっていけるのは、そううそぶいていてもきちんと帳尻合わせができるからで、そういうひとになりたい、とか何とか言った…で内定はもらえた。結局その会社には行かなかったが)ので、次に訊かれた時には、別の言葉を言おう、ということで上記の言葉を用意している次第。幸いにして、その後の転職活動も含め、実際に訊かれた記憶はないが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。