スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Golden Slumbers-Carry That Weight-The End


掟破り(謎)の2日連続you tubeですいません。でも、自分のメモも兼ねてどうしても貼りたいので。

Abbey RoadのいわゆるB面メドレーのLive take@2012年グラミー賞、らしい。さすがに新婚とはいえ御年69歳なので、vocalはヨレヨレな感じがするし、頬のたるみ具合もアレなんだけど、後半のギター合戦ではお元気そうで何より。周囲も嬉しそう(まあ、そうだよな、Living Legendとこの曲を一緒にやるんだから・・・)なのも結構な限り。何度聴いても、テンションが上がる感じがする。

こうやって元気なのをいつまで見られるのか…若干気がかりだが、ともあれ、こういうのが聴けるのは素晴らしい、と掛け値なしに思う。
余計なことながら、MCでも、The EndとWith a little help from my friendの歌詞を引いているところも、respectを示してくれていて、こちらも好もしい。

このメドレーは、グループ末期に、グループとしての一つの到達点を示すものだと思うし、その意味で、仮にあのグループについていわゆるBest盤を作るのであれば、欠かすことのできないものだと思う。だから、それが入っていない「青盤」は納得が行かないのである。

コメントの投稿

非公開コメント

tkmさんどうもです。

確かに左側はブルース・スプリングスティーンとジョー・ウォルシュらしいよ。とりあえずブルース・スプリングスティーンが嬉しそうなのがいいよね。

確かに青盤はしょうがないんだけどね。でもあれで後期を理解したと思われても困るのだけど...。

ではまた。

いやいや、素晴らしいの一言に尽きる。ポールが元気でいてくれることは、とても嬉しいね。
左側の二人はブルース・スプリングスティーンとジョー・ウォルシュだったんだね。全然わからんかった。

青盤はねえ・・・まぁベスト盤って言うのはシングルコレクションみたいなもんだから、ああいう選曲になっちゃうのかねえ。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。