スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産処理法入門 (第3版) / 山本 和彦 (著)


プレップ破産法を読んだ続きで、倒産法全体の入門書ということで、この本。破産法だけでなく、民事再生、会社更生を含めて、一冊で概観していて分量も手ごろ、かつ、語り口調で文体も含めて読みやすい…はず。最後の点については異議はないのだけど、プレップ破産法の感想でも書いたように、どうしても一読して、どういう状況下で個々の規定が機能するのか、よくわかりにくいように思った。それぞれについて一読して「あああれ」みたいになるほど経験豊富になっていないのは、勤務先にとっては悪いことではないのだろうけど、どうも心許ない。こちらの想像力が貧困なのだろう。やはり小説形式のものを読むとか、場合によってはケースブックを読むとかしたほうがよいのだろう…って、これではプレップ破産法のときと書いていることが大して変わらない…。

個人的には、国際倒産の部分が特に興味深かった。ここの部分については、コラムで事例が引かれていて、イメージがしやすかったので。コラムの形で事例を引く件数を増やしてもらうと上に書いたような点については多少なりとも、変わってくるのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。