スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交わるところ??

毎度お世話になっているsenri4000さんのところの記事。コメントで書こうかと思ったけど、エントリにしてみる。迂闊に他所様のことを言うと怒られそうだけど、ちょっと気になったので…。


#以下、up後に書きなおした。

特許侵害で警告状が来たときの対応について、

そりゃ事業上の借金をしたいとか投資をしてくれとかいう話ならともかく、そこにちゃんと成立している特許があるんだから、それを誰が持っていようが関係ないでしょうに、


と思う知財畑の我々と、

特許がどれだけのものなのか知らないが、どこの馬の骨とも分からない輩が言うことなぞ、


とそこから動こうとしない法務の人々の会話はまったく噛み合わなくて、並行線を辿った


ということなのですが、何か変だなあ、と思うのであります。個人的には前者の権原の方が重要な気がするけど、後者の相手方の素性についても、場合によっては、対応方法が異なってくることもありうるので、それなりに重要なのではないだろうか、と思うのです。

知財権というところで特殊性があるがゆえに余計に話がかみ合いにくいのかもしれないので、あえて、喩えで考えてみると、仮に、これが特許といういわゆる無体財産権(こういう言い方も久しく見ないなあ)ではなく、普通の有体というか(というと語弊がありそうだけど)、例えば不動産の境界に関する話とかだったらどうなるんだろう、とか考えると、余計に変なのではないかと思うのです。

例えば、土地の所有権について境界が不明瞭で、こちらとしては自社の敷地内と思って建物を立てたら、実はそこが自社の所有地からはみ出ていて、その点について隣地について権原を有するとする人からクレームが来たとする(そういうわけのわからない状況が生じていいはずはないけど)。確かにクレームを付けてきた人の素性も大事だけど(例えば反社だったりすると事後の対応のありようも変わってくるだろうから)、そもそもそのようなクレームをするだけの権原をその相手が持っているのか、所有者なのか、賃借人とかの占有者なのか、ということも重要だし、その土地に何がしかの権原を有しているとしても、その権原が彼らの主張と整合しているか、彼らの主張を裏付けるだけの権原があるのか、ということは、並行して確かめるべきことなのではないか、という気がする。

上記のようなことを考えると、交わるところがあるのではないかという気がするわけです。まあ、双方が歩み寄っていただくと良いのではないかと、個人的には思うのですが…。余計なお世話ですいません。法務といっても、みんながみんなsenri4000さんたちの言い分を理解しないわけではないんだ、ということが言いたくなっただけなんです…(汗)。

お気に触ったらすいません>関係者各位。

コメントの投稿

非公開コメント

いやはや

senri4000さん、いつもどうもです。
スタンスが違うのは、ある意味で当然としても、違い方にも色々あるはずですよね。同じ会社の中で仕事しているから、交わらないはずがないという気もするのですが、それでも…色々ありますよね(笑)。
ともあれ、今後とも宜しくお願いいたします。

まいど反応ありがとうございます。
というか、ぼーっとしてて気づいておりませんで遅くなりました。

ま、くだんの記事は、多少の誇張が入っているところもあり、私自身のイライラが
そのまま出ているところもあるので(^^;)。
交わるところがないと思ってるわけではございません。念のため。
まあ、話をしていたときの論点が、このタイミングで回答を出すべきか放置すべきか
を決めるところだったので、余計スタンスの違いが出た模様です。

『素性の分からないような奴にご丁寧に返事をしてやる必要なんてないだろう。』
というのが趣旨だったということですね。

いやでも権利はちゃんとあるんだから、それでそこを変えるってどうなのよ?
というのがこちらの立場でございました。

ではでは。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。