スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレップ破産法 第4版 (プレップシリーズ) / 徳田 和幸 (著)


積読を解消しようということで、薄めのこの一冊。同シリーズでも、労働法の半分以下というスマートさ。何より分量が少ないので、割りにすぐに読み通せる。複雑な手続きについての全体像を短期間に概観するという意味では最適だろう。もちろん、これだけでは実務での細かい対応ができるわけもないけれど、個別の細かな話に入る前に、こういう本で手続きの全体像を概観しておくことは、有用だろう。

もっとも、正直法文の要旨を追いかけるだけなので、実際に個別の規定が、実務においてどういうところで機能するのか、この文章だけではイメージにしにくいところが残ったのも事実。この辺は、実際に破産事件に当事者として関与した経験が少ないから、ということにもよるのだろう。この辺は、記述量とのトレードオフという面もあるだろうし、適当な実例(おそらく変に複雑になった案件が多いだろうから)を紹介するのもなかなか難しいのだろう。むしろ、一時期流行った、「小説で読む」シリーズの形の本で破産法を扱ったものが出てくれるとよいのではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。