スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ:QLTS

とりあえずこっちに入れておく。
#一部、何かオカシイと思ったところを削除。

Qualified Lawyers Transfer Schemeというやつで、他所の国のlawyerにイギリスのsolicitorの資格を与えようという仕組みらしい。認められるのは特定の国において、その国の法曹資格を有している人、ということで、特定の国のリストがあり、日本の弁護士も含まれている。

資格付与のためには、出願のための条件を満たしたあとで、試験(択一に合格した後に、インタビューでの試験とライティング・リサーチなどの試験があるとのこと:kaplanとかが対策講座をやっているようだ)を受けて合格すれば良いらしい。英語圏以外のところは、それとは別に英語の能力要件を満たす必要があって、こちらは、IELTSのスコアが一定以上(7.5)、ということでクリアできるみたい。IELTSの難易度を知らないので、どうともいえないけど。

僕みたいな日本で法学部(w/o弁護士資格)+LLM→NY州弁護士、みたいなパターンで出願できるかどうかは不明。a shortened or fast-track route to qualificationではないことが、出願できる条件になっているので、そこに引っかかるのではないか。

別に資格転がしめいたことをする必要はないけれど、純粋に面白いな、と思う。し、こういう仕組みがTPPの枠組みの中で日本にも求められることになるのかもしれない、とも思う次第。まあ、日本の場合、日本語の試験/日本語での試験を求めるとそこのハードルが高すぎる、ということになるかもしれないけど、このスキームと比べるとそれほど不合理ではないかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。