スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2012年 01月号 [雑誌]


届いたので例によって感想を。個人的には読み応えがあった一冊。例によって順不同で感想を。

第1特集は、契約交渉時のリスクと、その対応策としての研修について取り上げている。例によってBLJらしく(謎)、実名も匿名も含め、企業ごとの実態についての紹介が非常に興味深いし、自社で契約交渉に際してアドバイスするときや研修を行うときのヒントになる記載が多かった。特に、研修のやり方という面では、契約書に書かれていない部分について気づかせるという神鋼商事さんの研修が興味深かった。一方で、研修の副作用について、研修の結果、法的リスクに無関係の仕事が増えるとか、共同開発契約についての研修でリスクについて焦点を当て過ぎたら、良い点を封じていて(法務的に共同開発の良い点を取り上げるのはそもそも難しいというか、不可能なのでは?...と思うが)、共同開発をするな、と聞こえた、という指摘があったというのは、心しておかないといけないと感じるところ。

第2特集の監査役との連携によるガバナンスの強化、についても、昨今の様々な事例を見ると非常にタイムリー。連携強化と言っても、リソースの少なさや、利益相反の問題は難しいと実感。個人的には次の「コーポレート・ガバナンス」と「内部統制」の区別は、言われたら、そのとおりだと思うけど、不勉強ゆえに、あまり明確に違いを意識していなかったこともあり、有用と感じた。

コーポーレートガバナンスは、特に会社自身と株主の利益を守るために、会社が適切に経営されていることを監査役と会計監査人が監査する問題といえます。これに対し、内部統制は、会社法で定められているとおり、業務執行の一端として行われるべきものであり、代表取締役や業務執行取締役、執行役など、実際に会社を経営している人間が決定・実行している問題


キヤノンの法務の記事は、さすが、と思った一方で、次の件は、経験談が裏にあるんだろうと思った。

法科大学院を出ている方は学部卒よりも深い知識を身につけている方が多いとは思いますが、個々の人材が実際にそうなのかという点は、慎重に判断したいと考えています。


新興国進出リスクの話は、特定の国に偏らない形で記事になっているので、今後も含めて楽しみ。実例の紹介が特に興味深い。個人的に見聞きした範囲では、結局入るときに、出るときのことをきっちり考えておらず、出るに出られなくなってしまったようなケースがあったので、その辺についての解説が気になる。

代理店契約の記事は、米国・英国・中国・日本の贈収賄禁止規定の比較表と、コンプライアンス規定の例(特に中文)が有用だと思う。ファシリティペイメントの禁止まで代理店契約に入れるという話は聞いたことがないけど、それで実務上きちんと機能するかどうか、なんとなく形骸化しないか疑問。

外資系法務部長の7年の記事は、小さいとはいえ、法務のセクションの責任者をしているので、最後まで興味深かった。リソースの確保はやっぱりどこでも難しいんだなと改めて思う。社内教育も法務部への理解の第一歩に、という言葉が印象的。実際そう思うし。法務の存在が認知されないと情報も入ってきにくいから。

スポーツの興業・実況の法的保護の記事は、普段縁のない分野(これからもおそらく仕事上の縁はない)分野だけど、読んでいて面白かった。放送権の権原の由来が所有権にあるとは正直思わなかったし、日本の法制度上スポーツイベントをustreamしたらどういう問題があるのか、なんて考えたこともなかった。記事にもあるように、立法的な手当があった方が良いのではないかと思うなあ。

最後にアビタスのタイアップの記事は、正直どうなんだろうというところ。オンラインでLLMとってCAbar受けるっていうコース、CABar自体の難しさもあって、相当シンドイと思うのだが、まずきちんとこのルートで資格を取った人がでてこないと、何とも言えないと思う。そういう意味で、こんなに煽って大丈夫なんだろうか、と心配になってくる。



最後に目次を、と思ったら、本家がupdateされていなかったので、とりあえず略。update後に気づけはする予定。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。