スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働法 第3版 /水町 勇一郎 (著)


同じ著者の岩波新書での入門書に続いて読んでみたので、感想をメモ。

なによりも読み易いし、読みきれる分量なのが助かる。軟弱な僕には、分厚い菅野先生の本は無理目なので、これくらいでないと困る(菅野先生の本は辞書として手元にないと実務上は困るのだろう)。読み易い文章で、事例(固有名詞とかが微妙にイタかったりするのはご愛嬌か)を使って説明がわかりやすくなっている。教科書ということもあってか、現状を丁寧に説明するだけではなく、今後どうあるべきか、ということについて、読者が自分で考えることを促しているところも好感が持てる。

特に気になったのは一点だけ。労働審判について、費用を抑える観点から、代理人を弁護士限定から労組もできるようにするとかしてはどうかというコメントが脚注にあったけど、審理回数が少なく、実質最初の期日勝負みたいなところがあると聞いたことがあるので、そういうところでの対応については、確かに弁護士限定にする必要はないかもしれないけど、何らかの形で資格制限はしたほうが良いのかもしれないと思った。何らかの制約を課さないと、結局審判での対応が上手くできなくて、どちらかのサイドに不満を残す結果となって、通常訴訟に移行と、いう余計な手間を生じることになりかねないように思うので。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。