スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽海峡・冬景色

11月も近づき、年末の紅白も(テレビがないので見ないと思われるが)近付いたわけですが、今年は暴力団と歌手の関係を今まで異常に厳しく問うことになるわけで、そうなると演歌系は大体アウトではなかろうかと思ったりするわけです。その結果演歌の人がゼロになっても、それはそれで世相を反映した紅白になると思うのですが、そこまでの英断ができるとも思いにくいので、きっと、アンジェラ・アキのカバーで演歌枠(そんなものがあるのかどうか知りませんが)を使うのではないかと勝手に思ったりするのですが...。



まあ、当然のことながら、演歌寄りだけど、演歌ではないな、と思うのですが、個人的にはこれはこれで良いのではないかと思われます。
一方で、これはないだろ、というのがこちら。

バックのジャズっぽいアレンジは悪くないと思うのだけど、まず、歌詞の「わたし」を「あたし」にするところから頂けない。彼女の他の歌の感じからすると一人称は「あたし」なのかもしれないけど、この歌で「わたし」を「あたし」にすると、世界観が土砂崩れである。この歌ではやってはいけないだろう。オリジナルの歌詞について、常に絶対に忠実でなければならないとは思わないにしても、歌詞の世界観を崩すような改変はやはり避けるべきだろう。ライブでの思いつきの一発ネタということで大目に見るべきなんだろう。

ということで、お口直しではないが、最後にオリジナル...と思ったが、なかなか凄いものを見つけたのでこちらをご紹介。

拓郎さん、ムッシュ、に加えて、元オフコースの松尾さん、清水さんが入っている...。





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。