スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCトラブルについてのメモ(WinXpPro起動せず)

こちらの学校のTaxのLLMに通われているakiraakiraさんのPCでトラブルが発生した。顛末について記録しておく価値があるのではないかと思うので、勝手ながら速報代わりにメモ。この辺りでPCについてトラぶったときに役に立つかもしれないと思う。内容についてはご本人から来たメールの内容に基づいているが、dtkにより適宜要約させていただいた。文体も修正しています。


<この件から学ぶべきこと?>
(1)こちらで使う端末のwindowsのCd-Romは持ってきたおいた方が安全
 (dtk注:最近の端末では付属しておらず別途購入が必要:MSはなくても大丈夫というスタンスなのかもしれないが、彼らの言うことを信用するとろくな目にあわないのでは?)
(2)ofiice等のソフトのCd-romもあわせて持ってこよう
 (dtk注:最悪自分でゼロから復旧可能なように)
(3)バックアップはこまめに取ろう(外付け)
 (dtk注:当たり前のことだが面倒くさいんだよね)


<何が起こったか>
端末:IBM ThinkPadT42 (保証期間は満了後)
OS:WinXpPro(Cd-Romは付属していなかったとのこと
いきなりWinXpProが起動しなくなった。SafeModeでも起動せず、MSのサイトからデータを入手して起動ディスクを作成しても起動しない。 

<どうしたのか>
Celop近くのTerminal exchange systemsというパソコンシステムショップ(tel:617-731-6319)でハードディスクからデータのバックアップには成功。
一方で、Windows ファイルの復元は難航し、WinXpProのCD-Romが必要と判断されたが、手近で入手できそうになかった。 
Googleで検索してPal JapanというNYの日本人修理業者に持ち込んだ(NYまではバスで移動)。パソコンからハードを取り出し、そのハードデータを書き換える機械をつかってDOS言語等を書き換えた模様(dtk注:詳細は不明とのこと)


<何が起こっていたのか:事後的に分かったこと>
¥Windows¥SYSTEM32¥configのファイルだけでなくIBMのリカバリーシステムファイルもなくなってしまった(つまり、工場の初期出荷状態にも戻せない状態)。
通常、SYSTEM32のファイルだけがとんでいれば、このハイブと呼ばれる、5つのプログラムをいじれば起動するところ、他のファイルにも被害が出ていた模様。
後で判明したのは、勝手にファイルを書き換えて、その人の個人情報を入手するスパムにやられてしまったらく、しかもそのスパムというにはノートン(セキュリティソフト)をターゲットにした恐ろしく強力なスパムだった。
上記業者の高橋さん曰く、ノートンというのは、いわば、スパムソフトみたいなもので、起動にも時間がかかり、まったくお勧めしないとのこと(かわりにAVGという無料ソフトをインストールしてもらう)。ノートンとマカフィーというソフトが競合したうえに、あるスパムが片っ端からデータを削除したり書き換えたりしていた模様。


 

コメントの投稿

非公開コメント

保証とバックアップ

今回のトラブルに遭遇した、akiraakiraです。記事の通り、外付けHDでバックアップをこまめにとる事と、留学期間中にパソコンの保証期間が切れないようにすることを特にお勧めします。私は保証期間(1年)を延長しなかったのでマザーボード(今回とは別のトラブル)の交換と今回のトラブルで1300ドル(業者への支払い分のみ)以上を自己負担しています。
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。