スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

これから小学校のクラス(5年/6年一緒)に出かけるところ。僕らが習っていた時点で先生が50代ということもあり、そろそろ先生を呼ぶのはラストではないか、ということもあり開催となる。何故か幹事なので準備が色々。

80代の先生を夜お呼びするのは如何なものか、ということや、お子さんとかの関係もあるところもあるだろうから、ということで昼の部と夜の部に分ける構成となった。あと、先生がかなり個性的ということもあり、先生とは顔を合わせたくないという意見も一部に根強いということもあるのだが…。

当初、そもそも先生は外に出てこれる程度にお元気なのか、という論点があったが、幹事長が電凸ではなく、チャリ凸でご自宅まで様子を見に行き、お元気なのを確認して昼食もご馳走になってきたことにより、当該論点は解消された。その際、よりによって、「宴会の案内はdtkから行きますんで」ということになり、やむなくその任に当たることになる。ついでに昼の部の段取りをすることにもなるが、別にこれは大したことではない。

嫌な汗をかきながら、先生と話をして、食べ物の好みとかを確認する。耳が遠い以外は矍鑠とされていた。

次に、店を決めたのは良いのだが、通常であれば、店の案内の電子メールを送ってokなところ、さすがにそれは無理だろう(実はできたのかもしれないが確認しそびれた)。仕方が無いので、地図を打ち出して、再び嫌な汗をかきながら、手書きのメモを添えて先生に郵便で送った。そうしたら手紙の返事が来て、さらに嫌な汗をかく…。いやはや。

…というところまで書いてでかけます。実際にどうだったかも含め後で追記予定。



追記:

盛況のうちに終了したのだった。実にめでたい。

昼の部は、お店が貸しきりではなく、他のお客さんには相当顰蹙だったのではないかという気もするが、まあ、致し方ない。先生を囲んで、という感じだったが、僕らが小学生だったころ、小学校の状況がどうだったか、先生たち、父兄たちの間でどういう問題があったか、という話は、盗み聞き程度に聞いていたが、そういうことがあったとは知らずに驚いた。親たち、先生たちに守られていたんだなと実感した。そういう話が聞けたのもそれなりに(謎)大人になったことの証なのだろう。

ともあれ、先生は80代とは思えぬパワフルさだった。

先生向けに、それぞれがメッセージボードに一言そえて、一緒に写真に撮って、それをアルバムにして先生に送るという企画だったが、クラスメートの中にプロのカメラマンが居て、きっちりと写真を撮ってくれているので、全体の出来上がりが楽しみでもある。

昼の部と夜の部の間が若干空くかなと思ったら、昼の部で結構時間がかかって(これまたお店の人に迷惑だったのではないかという気がしないでもない)、夜の部の店についたのが、開始時間ぴったりだった。小学校のクラスメートが10人とかで電車にのって、話をしながら移動するというのも新鮮なんだけど、それでいて懐かしい感じだった。
(さすがに先生は昼の部でお帰りになられたが、ちょうど、先生のご自宅の近所に住んでいるクラスメートが車で来ていて、帰りは先生を送って行ってくれたのも良かった)

夜の部は、仕事などの関係で夜だけ参加という人もいて、その中には25年ぶりという人も含まれていたので、これはこれで非常に面白かった。高校を出て専門学校というようなキャリアを取った人とかは、高校のクラスメートにはいないので、小中学校の同窓会でないと、そういうキャリアを取った人と話をする機会も持てないのだが、なかなか面白かった(特に自動車修理の専門学校に行って、そこから損保のロスアジャスターになった友人が、東京では車の事故の後始末についても訴訟になりやすくなっているという指摘は、印象深かった)。

惜しむらくは、最近、同級生同士で結婚したカップルがいたのに、男性の方しか来なかったために、彼らの新婚(?)話がそれほど聞けなかったこと。もっとも女性の方が来ていたら、男性の方は針のむしろだったとは思うが。

最後の方は男性陣の大半はエネルギー切れで、まったりしていたのに対し、女性陣は、最後まで子育てネタなどで盛り上がっていたので、パワーの差を感じずにはいられなかった。

何はともあれ、面白かった。またやりましょう>関係者各位。




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。