スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もろもろと

雑多なことをいくつか箇条書きで。
  • 最初の勤務先の飲み会での帰り道、別の会社に転職した後、司法試験に合格して今は弁護士事務所に勤務の某氏から「ああ、あのblog見てますよ。よくyou tubeをネタにしてますよね」といわれる。何だかちょっと悔しい。もっとネタにできることを用意しないといけないということだろう。無理して書く必要はないが、無理しないと続かないのと思うので、そのあたりが悩ましい。
  • 最近は、社内調整が多い。年回りというか、立場との関係でやむを得ないのだろうが、あまり面白くない。悩むことは多いが、費用対効果の面で報われないという実感が残る。
  • 某エライヒトから押し切られる形で英語の雛形の翻訳業務をする。翻訳業務をやり始めるとキリがないし、何より担当者がきちんと原文を読まなくなるのが問題なので、代々拒否していたが今回はやむを得ないと判断。もちろんただでは済ませない予定。
  • 翻訳にはどうしても限界があるし、限界的な状況になることはそれほど多くないかもしれないのも事実。契約書に基づく契約の履行過程では英語でのやり取りは避けられないはずなので、その過程できちんと英語の原文にあたっていないことがネックになることも問題という気がする。別途英語の契約書の読み方の研修でもするか。できるほどエラソウなノウハウがあるとは思いにくいけど。
  • もっとも、上記の業務は下の人の研修というか、英語に触れる機会を作る観点から、下の人にドラフトしてもらうことにしたのだが。まあ、ドラフトをそのまま出せるはずもないから、結局一杯手を入れることになりそうだけど。
  • 何だか、最近は瞬間的に色んなことが重なって降って来ているような気がする。一つ一つは大したことがないものの、一遍に来るとシンドイので、下の人の状況を見定めながら、ラフに指示をしたうえで、ある程度お任せで、やってもらうことが多い。幸いにして、一から自分がやったほうが良いということはそれほど多くない(ゼロではないのは仕方がない。振る時点での見込み違いもあるから)。自分がクビを突っ込まないことに慣れるのも、立場に照らせば重要なんだろうと思うことにする。

コメントの投稿

非公開コメント

いやはやどうも

某氏先生様(なんのことやら)、昨日はどうもです。
ご覧いただき、恐縮です。
この程度でも書くと自分の勉強にもなるので、「勉強してもらってます」もあながちウソではないかと。
もっと勉強するように精進します。
今後とも宜しくお願いします。

誤記訂正

もちろん、「勉強してもらってます」は「勉強させてもらってます」の間違いです。大変失礼いたしました。

リファーありがとうございます。

昨日はありがとうございました! 楽しかったです。
いやいや、悔しいだなんて、常日頃勉強してもらってます。
「英文契約書」シリーズはEvernoteにもクリップさせてもらってますし。
これからもブログ楽しみにしています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。