スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の転職に関して

意を決して(謎)、書けるところは書いておこう。忘れないうちに。どなたかの参考になると良いのですが。
@kataxさんの記事に刺戟を受けて書いたことは言うまでもない)。

1.最初の転職のとき。
  • 最初の勤務先では、LLMへの留学から戻って、シンガポールのオフィスに配属になった。留学前から、戻ったらそこに勤務になる確率が一番高いことは想定されていたけど、そこでずっと海外案件の法務が出来る保証はなく、海外部隊の一員という扱いで、どこで何をすることになるのか分からなかった。海外部隊は、従来あまり社内でのプレステージが高くなかったこともあって、独自の「村」化していて、馴染めないのと、何より、国内に戻りたいといっても後押ししてくれる気配もなかった。法務をずっとやりたかったし、海外暮らしもずっとはイヤだったので、トシも考えて早めに動くことにした。
  • シンガポールからの転職活動となると、やはり大変だろうと思ったけど、メールと電話で結構何とかなった。書類を出したところは覚えていないけど、面接をしたのは2社。片方の某通信系企業が旅費を出すから面接に来い、というので、帰国して面接をうけて、併せてもう片方の素材メーカーの面接もついでに受けて、両方内定をもらった。この辺は前に書いたとおり。
  • 結局、旅費を出してくれた某通信系企業には行かなかった。面接の際の社長の一言:最初の勤務先を冷笑する感じだったのが気に入らなかったのと、上場要員を探していたのだけど(結局上場せずそれどころか破綻した)、上場済企業にいたからその辺については経験があるわけもなく、ミスマッチになることが確実だったのと、その2つが理由。試験は適性検査と面接だけで、長旅の後だったので結構しんどかった。
  • 結局このときに行ったのは、素材系メーカーで、前に書いたように、上司や職場の雰囲気がよさそうで、それと、社内での法務の地位がはっきりしていて、法務の人事権も法務がコントロールしているところで選んだ。面接は、上司がシンガポールに出張してきたときに、一度受けていて、次に帰国したときに、という話になっていたときに、上記の話で帰国ことになったから、というので、面接した。結局2ヶ月くらいで決まったのだった。
2.2度目の転職:ここからは書きにくいところがあるので、一部不明瞭な形になることをご容赦あれ。
  • 2度目の転職に踏み切ったのは、自分がこの会社に居ても先がないなと思ったのが大きい(詳細は書きたくないので略)。扱っている商品にも興味が持てなかったというのもある。
  • いろいろあって精神的にもキツイ状況下で転職活動に踏み切ったのと、リーマンショック後で企業、特にメーカー系の法務の求人が少なかったので、メーカー系以外も回った。書類だけで落とされたところも多かった。覚えているだけでも順不同で次のとおり。
    • 某教育系企業。多摩地方に面接に行くのが結構大変だった。まず契約書のドラフトのレビューをやらされた。どうせスキームがおかしいとか文言以前の問題とか含んでいるんだろうと思ったら、やはりそんな感じだった。その後課長レベルの面接はクリアしたけど、最終で落ちた。精神的に落ち着いていない状況だったのが効いた様な気がする。組織の中での適応性に疑問とか言われたように思う。
    • DeNA。そもそも携帯をもっていないし、興味はないが、ネタつくりと思って行って見た。仕事の話が噛み合わず、たまたま同社にいる知り合いの話で盛り上がってしまった。案の上落ちた。理由は忘れた。
    • 某メーカー。私的独占事件で名前の出るところ。面接が2回。直属の上司になる人と年齢が近くなりすぎるので、というのが落ちた理由だった。
    • 某外資系消費財企業。面接でBLJとかでも記事を書いている某部長様が出てくる。お話が出来ただけでも十分勉強になったが、英語で会議を仕切ったりできる人が欲しかったようで、当時の僕では経験不足と受け取られたのと、こちらが準備不足で臨む羽目になって、研究不足ということで落とされた。これは明らかにこちらのミス。
    • 某生保。興味ないけど、エージェントに言われたので受けにいった。明らかにミスマッチだった。外資に買われた元日本企業ということで、外資系エージェントからの紹介だった。落ちた理由は、忘れた。
    • 某信用調査データベース会社。適性検査と面接が2回。社長面接も凄くいい感じだったが、他にもっといい人がいた、ということで落ちた。後から、その人が辞退したということで、来ないかという打診があったが、さすがに断った。
    • 某特殊エンジニアリング会社。英語のできる法務の人を探しているということで、簡単な英語のテストもあった。そのほか適性検査と面接が3回あって、最後は役員全員が居る中での面接。通ったのだが、メーカーとはちょっと違うのと、今居るところの内定が出たこともあって辞退。
    • NTTデータ。ここもずっと募集が出ているねえと思いつつ、一応行って見た。課長クラスの人と面接。IT系のバックグラウンドの人を欲しがっているようだった。落ちた理由は覚えていない。
    • 今の勤務先の部品メーカー。高校・予備校・大学(学部は違うけど)が一緒という友人がいて、彼も転職経験者ということで、転職について相談したところ、「うち空いているよ」ということで、面接を受ける。いきなり執行のトップとご飯、その後、面接が4回だったか。転職活動を始めたのが春で、内定が出たのが11月だったので、その時点では全てに疲れていて、ものすごくほっとしたことを覚えている。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。