スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月

ずっと緊張し続けるのは無理な話なので、慣れていくことは、ある意味必要なんだけど、忘れてはいけないのだろう。自分へのreminderということでメモ。

思ったよりも物事の進みが遅れているようだ。義捐金の配分も遅れているし。

義援金一律支給見送り、「被災者や寄付者を無視」自民・小泉進次郎氏が批判

東日本大震災で日本赤十字88 件社などに寄せられた義援金について「一律金額支給方式」の導入が見送られたことをめぐり、自民党の小泉進次郎氏(衆院11区)は10日、「被災者や寄付88 件者の願いを無視している」と政府や関係機関の対応を批判した。

 厚生労働省を事務局とする義援金配分委員会は6日、第2次支給について被災の度合いに応じたポイント制導入を決定。1次支給段階とほぼ同様の基準が適用される。一律支給をめぐっては「第1次と基準を変えると、被災者に説明ができない」との懸念を示した自治体があったとしている。

 5月30日の衆院震災復興特別委員会で小泉氏は、寄せられた義援金の8割が未支給という実態をめぐり「被害の度合いの認定など事務の煩雑化が原因」と指摘。細川律夫厚労相は一律支給の導入に前向きな答弁を行っていた。

 復興基本法案の衆院可決後の記者団の取材に小泉氏は「ポイント制では事務は簡素化しない」と断言。「優先すべきは一刻も早く被災者の手元に義援金を届けること。滞留したままなら赤十字などへ批判が及ぶ。厚生労働委員会などの場で改善を促し続ける」と述べた。



公平性と効率性、寄付を配る際の事務手間の問題、いろいろややこしいのは分かるが、何だかやりきれない気分になる。善意をもっと有効に使う手立てはないものか。公平性を保つため、諸々の手続きを踏む形にしているから、こういうことになるのだろうけど、緊急時には役に立たなかった/役にたたない、ということなんだろうから、非常時用の手続きも何とか整備して欲しいと思う。

僕自身は、例によってCivic Forceに追加で寄付したのと、ウカ様のところの一口の会へ一口送らせてもらった。
(追記)
@takujihashizumeさんから教わった3ヵ月後の比較写真が出ている記事。
Back from the dead: Astonishing pictures show how Japan is recovering just three months after tsunami

(追記2)
18日にはCivic Forceから領収証が届いた。きちんとしているのには好感が持てる。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。