スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての人間ドック

40歳で初めて、でも別に構わないのだろうが、ともあれ行ってきた。

多少問題が(出るものが出なかったとか)あったが、とりあえず大きく困ることはなかった。普通の健康診断+αという感じ。クリニックもその種の業務がそれなりのウエイトを占めているようで、機械的にこなしていく感じで、その辺りのシステムは見ていても面白かった。

患者は、検査項目を書いた紙そのほかを渡される。それぞれ項目が終わると担当者がチェック欄にチェックをする。通路の要所要所に案内の事務の人が居て、済んでいない項目と、待ち行列の状況を見て、次にどの項目の検査を受けるか指示を出す。患者はそれに従っていれば、そのうち終わる。検査項目を書いた紙に、実施済のチェックをもらうのは、スタンプラリーというか、稟議的な気がした。

通常の検査に加えて、脳ドックの検査もしてもらった。一応頭脳商売ってことになっているから、調べておいて損はない。CTスキャンみたいな(という言い方が適切かどうか不明だが)、狭いところに閉じ込められて、身動きができない中、検査が続いて、ウルサイという状況だったので、閉所恐怖症の人にとっては厳しいだろう。目をつぶって、じっとしている以外ないから。

ともあれ、結果はともかく、終わってほっとした。


で、食事券が付いていたので、その対象である某ファミレスに行ったら、30分も放置されてしまった。頭にきて、何も食わずに出てきた。そこまで放置されるというのは、こちらにも問題があるのだろうが、それにしても腹が立つ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。