スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際契約の“起案学”―法律英語の地球標準 / 平野 晋 (著)



BLJでの惹句に魅かれて購入。冒頭から、英文契約こそが、内容が充実していて「グローバルスタンダード」だ、と大上段に来られると、正直違和感を禁じえない。ついでに言うと値段は安くない(だから割引で買える丸沼書店で購入した)。

ただし、英文契約を仕事で取り扱うなら、手元において損はなさそうな一冊だと思うのは確か。英語のdraftingの文献そのほかを幅広く調べて、正統な英文の起案方法について、日本語で解説してくれている本で、英文のdraftingなんだから、英文の書籍にあたるべき、という議論も一理あると思うけど、時間を節約するうえでは、この手の文献は間違いなく便利。調べたネタ元についても細かく記載しているので、必要があれば裏取りも十分可能だし、それらの文献を辿ると更に勉強することも可能かもしれない。

なお、英文契約起案についてが主だけど、起案に際しては使うべきではないものの、使われているのを見る機会のあるものについての解説も豊富なことから、単に英文契約を読む際にも力になってくれると思われる。




個人的に印象に残ったところをいくつか、ピックアップしてみる。
  • shallの使用は当事者の債務を示すのに限定すべき。
  • 解釈の方針や、契約当事者の合意している宣言については、shallを用いるべきではない。
  • reasonableという文言は、「同様な状況下に於いて理に適った人ならばいかに行為していたかの基準」である。
  • 期日・期間に関する前置詞郡の評価と改善案
  • 「リーガリーズ」等の語句例と修正文言例
  • 編集・校正の仕方(最終章で解説されている)
特に2番目の点は、正直、あまり意識せずに、準拠法条項などでshallを使っていたので、改めないといけないと感じた次第(汗)。違反したら責任が債務不履行責任が生じるようなものではないので、shallを使って、債務を示すshallと混同させるべきではない、というのはまったくその通りかと。

本書は、同じ著者のアメリカ契約法の本の応用編ということで、随所で同書への言及があるし、そちらで解説されている事柄については、こちらでの解説が省略されているので、併せて読むのが良いのかもしれない(結構高いので、懐には厳しいかもしれないけど)。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。