スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

There's a place...

表題はThe Beatlesの曲にちなんでますが、それはさておき。

bizlaw_styleさんのところエントリを見て、思い付きをぐだぐだと。

「リーガル情報オープン・アクセス」というのは、ホントに憧れるものがあります。現職ではきっと大した用事はないのでしょうが(爆)。「過去~現在の法律情報の一切をインターネット上で自由自在に検索・閲覧できる統一データベース」があったら、便利だろうな、と夢想する次第です。
(内容に含まれていませんが、加除式の書式集なんかもこの際電子化してもらえませんかね?。あれも場所をとるんで…)

やはり、情報量が膨らんで行く中で、場所代、というのは無視できなくなってくると思うわけで、そうなると、検索可能になることを抜きにしても、ネット上でアクセスできて、紙がなくなるというのは、いずれにしてもネット回線は業務上必要ということに鑑みると、非常に魅力的です。あと、大概のものがネット経由で、ということになれば、そもそもオフィスに行かずに仕事もできるということで、通勤しなくて良いというメリットもある(一方で、家からでも仕事をする羽目になる…でも既にしているからこちらは大差ないのかも)ように思います。ライセンスとセキュリティの問題は別途手当てが必要でしょうけど。

ただ、ネットに全部依存というと、ネットが機能しないと何もできなくなる、というリスクを負いかねず、特に、1社に全部依存していると、そこのサーバーがこけたらどうするんだろう、とか、考えたりします。まあ、そういう場合には、古典的に紙ベースで資料をもらう(fax?なんでしょうか。近所ならバイク便とかでもらうのもありかも)ということになるのでしょうか。データベースの利用に加えて、保険で紙ベースの資料をfaxとかで送るというサービスを付加的につけるみたいな、ことも面白いのではないでしょうか?
(話がずれますが、弁護士事務所さんの顧問契約において、商用データベースにアクセスできなくなるというのは、事務所側の不可抗力事由として扱われるんでしょうかね?現在では無理だと思いますが、将来は…どうなんでしょ?)

それと、前に、第一法規さんに「ITエンジニアのための契約入門」について、取材を4人で受けたときに、@kataxさんから話に出たのですが、今の商用データベースについては、もっと小口で使えるようにすることで、間口を広げる、という発想もアリなのではないでしょうか?判例1件100円とかでダウンロードできたら、それはそれで使う人がいるのではないかと思った次第です(僕は個人的に使いたいのですが。学術系のデータベースではheins onlineとかそうですよね)。加除式のものとかも同様にできれば、使う分だけ払うということで、邪魔にもならないから、利用者が増えないかな、と思うのです。

SSRNで論文を読んでみたり、poorman's lexusと言われるfindlaw.comやgoogle scholarで判例を読んだりしていると、日本も最終的には無料でできることがもっと広がってくれれば、色んなことができるかもしれないのにな、と思うのですが、そこまで行かなくても、もう少し商用データベースの敷居が低くなれば、と思った次第。

コメントの投稿

非公開コメント

場所だけではなく紙の無駄も

@1000leavesさま、始めまして。
確かに、加除式は場所だけではなく紙の無駄も大きいですよね。全文検索もかかりませんしね。
今後とも宜しくお願いいたします。

大賛成

ツイッターから来ました。大賛成。加除式の規約集とかいかに紙のムダか日ごろから痛感してます。また検索の面倒な事、メンドウなこと。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。