スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄払い

そういえば、翻訳、もとい、本厄らしいし、色々体調面で気になることもあるので、厄除けにでもでかけるか、と思いたった。

別に大きなところでなくても良いのだが、うっかり行って、一人きりで、いたたまれない思いをするのも避けたいところなので、手近なところで川崎大師に出かけることにした。小さい頃に親の車で行ったことがあるが、とにかくでかかったことしか記憶にない。


車を持っていないので、川崎から京急大師線に初めて乗る。
20110115_1.jpg

同じ行き先の人ばかりで、人の流れに従って、駅から歩く。屋台が一杯。色々な屋台があるが、ケバブまであった。「表参道」という表示があって、一瞬?と思ったが、よく考えたら、正面の参道なんだから当たり前かと思い至った。
20110115_2.jpg20110115_3.jpg20110115_6.jpg

20110115_4.jpg

着いて、案内に従って行くと、窓口がある。申込書に必要事項を書いて持っていくと、窓口の人は胸に某金融機関の名札。うーん、現世利益というかなんというか。熨斗に包んで渡す用意をしていったが活かせずじまい。ノリが運転免許の更新手続きに近い。

赤い紙をもらう。「乙種合格」とか書いてあるわけではない。後でお札を引き換えるための紙らしい。

案内看板に従い、列に並ぶ。列が進むと本堂に入る。人が一杯。つめて座るように言われて座る。一応正座してみる。しばらくするとお坊さんが話を始める。太鼓の音もする。まだ人が入ってくる。話が続くなかで、足がしびれてくるので、足をくずす。そうこうするうちに、終わったのか、前のほうの人たちが立ち上がる。こちらも続く。ご本尊を見せてもらったらしいがよく分からない。とりあえず終わったのでほっとする。

またまた案内に従って、お札引換所?に行く。五十音順に窓口がある。しばらく待つとお札をもらえた。
20110115_5.jpg

大量の人がいて、機械的にもらう、というのは、狙い通りではあるが、ここまでやるかというくらいに味気なく、むしろすがすがしいくらいだった。ともあれ、一応ほっとした感じ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。