スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財検定2級に合格した

合格したので、記録をば。あまりネットで合格者の記録を見つけられなかったので、ご参考まで。
(自己採点上は大丈夫と思っていたが、一応本日ネットで合格が確認できたので安心して書けるというところ)

どういう資格かは、こちらを参照のこと。現職では、商標業務は知財ではなく法務所管ということ等もあり、知財について、少しは勉強しようと思ったものの、とりあえず手近なところに目標設定したほうがやりやすそうということから受験を決意した。終わってみた感じとしては、知財部に入る人はまずこれくらいは、クリアしないといけないのではないか、という程度という気がした。

とはいうものの、正直、甘く見ていたら、結構ややこしく、残念ながら一回では合格しなかった。試験が前半の学科と後半の実技に別れているのだが、前半は初回で合格したものの、後半はぎりぎりで落ちた(40問中32問正解すれば合格のところ31問だった)ので、2度目を受けて今回合格したというところ。

で、何をやったか書いておく。
  • 最初にアイピーネットワーク監修の「知的財産管理技能検定2級・3級完全合格テキスト 」(という名前だったと思うが、よく覚えていない)を一通り読んだ。ただし、あまり頭に入ってこなかったので、役に立ったとは思えない。
  • 次に、TACのスピード問題集(学科実技双方)を3回くらい回した。この問題集、同じ肢を複数の観点から検討するというのは有用だと思った(ただし、記憶している限りは、民法とかのメインでないところについては、記載が正確かどうか疑問の残るところもあったことも付言しておく)。
  • そのほかに過去問集(2009年分)も解いた。1回しか解かなかったが、ここが不足していたのが、一発で合格しなかった原因かもしれない。
   …ここまでが最初の受験のときの話。で、前半だけ合格したあとにやったのは次のとおり。
  • 一からやりなおそうかと思って、LECの講義のDVDを購入した。ただ、さすがに一通り学習したあとだったこともあり、ホントにゼロからというのは聴くのがつらいと感じたこと、講師の滑舌がよくなく、正直聞き苦しかったこと、および、テキストの校正が不十分で使えない(MSWordのファイルの打ち出しのような感じだったが、テキストボックスの中身が全部表示されていないところが数箇所あり、使えないとしか言いようがなかった。ただ、そこが改善されればそれなりに使えそうなテキストではあった)ということで、途中で挫折した。
  • 上記のTACの問題集の実技編だけ3回は回した。
  • 上記の過去問集も実技部分は3回は回した(学科も1,2回回したと思うが記憶にない)。
  • 加えて、三和書籍の実技の問題集も3回は解いた。

特に試験について、コメントすべき点は思いつかないけど、権利取得の手続きが問題になる特許、実用新案、意匠、種苗法では、手続きの全体像の中でどの部分にいるのか、意識していないと混乱するという気がしたことは付言しておく。当然なのかもしれないけど。

そうそう、web上で合格というのを確認した画面から、知的財産管理技能士センターとやらの準会員登録とかができたのでやっておいた。内容は不明だが、タダということで…。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知的財産管理技能検定2級に合格しました

本日、知的財産管理技能検定「実技」2級の結果発表があり、 80点が合格ラインのところ、92点を獲得して合格していました。 「学科」については7月の試験で合格済ですので、これで 晴れて2級に合格したと言...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おめでとうございます!

Mattyoさま、はじめまして。ご覧いただいているようで、どうもありがとうございます。
一度目で試験の感じがつかめたことと思いますので、二度目で何とかしていただくのも十分可能かと思います。
頑張ってください!

ではまた。

Re: おめでとうございます

senri4000さん、いつもどうもありがとうございます。

まあ、確かに一通り網羅してますね。そういう意味では入門時に最適かもしれません。
そこから先はきっと網羅的にやる必要がなくなるでしょうから。
特定分野に特化したあとは、こういうのは結構きつそうです。

ではまた。

おめでとうございます!

いつも拝見させていただいております。
コンテンツ関係の法務をしているものです。
わたくしは、実技は合格したのですが、学科が不合格でした。
dtkさんが2回目での合格ということなので、
私もまた受けてみたいと思います。

おめでとうございます

合格おめでとうございます。
2級は確かに知財部員に全員合格を推奨している企業はちょいちょいあるようです。
ひととおりの基礎を網羅しているので使うに便利ということで。
担当の場合、通常全ての分野の業務を経験していないので、自分が普段やっていないところはけっこう苦しいようですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。