スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2011年 02月号 [雑誌]


例によって届いたので、興味をもって読んだところについて、感想を。

毎年恒例の「法務のためのブックガイド」は今回は、法務担当者の意見を聴く形で登場。これはこれで面白い。事前アンケートには僕も協力させていただいた。知り合いの方々のお名前も見ることができてそれも面白い。業種は異なっても同じ本を見るケースもあれば、どこに関心があるのか異なっているのも面白い。「取引基本契約書の作成と審査の実務」が高い票を集めたのは、やはり、というところ。僕は、古い版が手元にあるので、買い換えていないクチだけど。
あと、「一人法務パック」はやったら面白いだろうし、そういう記事を求めている声もそれなりにあるんだろうな、と思ったら、今回記事になっていた。契約法務については、個人的に考えていたあたりと大きく異なっていないような気がした。

workshopについては、相変わらず面白い。少ないながら過去に経験したM&A案件でのあれこれを思い出したりする(内容はかけないので略)。表明保証違反対策という意味では、2段階アプローチが有効なんだろうな、と思ったりしつつ、そのためには、おそらく株式譲渡契約後の家捜しというかあら捜しが重要と思ったりする。契約締結とかクロージングで終わりではいけないわけで…。

IFRSの記事は、法務担当者としてどういう点を認識しておくべきか、が分かりやすい。ただ、論点の提示は分かりやすくても、実務にどう落とし込むかは、なかなか難しそう。とりあえず僕が関与している範囲では、取引基本契約の見直しがどこかのタイミングで必要になってくるようだ。

営業秘密管理体制の記事については、「経営陣の強いリーダーシップのもと行わなければ、レベル感がそろわず十分な成果が上がらないことがあるため、注意を要する」というのは重要な気がした。それと、効率とのバランスをどのように取るかについても、経営陣のリーダーシップで決めていかないと、結局、目の前にある業務の効率優先に流されてしまう危険性が高いのではないだろうか。

M&Aロードマップは、「さらに一歩」のところ、基本合意書を締結したことの副次的効果、売主の属性による独占交渉権への制約のありようの差異、および、第一次入札書における買収提案金額の支払方法を記載しない理由の説明、が興味深かった。なるほど、というところ。当然のことなのかもしれないが、認識していなかったので。

ハブ法務の記事も興味深い。アメリカ法のUCC2-316とか中国法の技術輸出入管理令については、さすがにそういう規制があることくらいは知っていたけど、各国で権利を横断的に確保するためにどうすると良いのかというのは、難しそうなので、こういう連載は参考になりそうな気がする。

(後記:500円の一人法務のセミナーの企画も面白い。色々仕掛けがあってこの値段なのは分かるが、それなりに需要はありそうな気がした。)

最後は例によって例のごとく、本家から目次の引用。

[特集] 実務の定番書&2010年刊行書を一挙紹介 法務のためのブックガイド2011
BLJ読者が買ったのはこんな本
あなたにとっての一押しは?

各社担当者が本当に使っている本その使い方

・ 機械部品メーカー 法務担当者

・ 生田奈緒子 日興コーディアル証券 法務部法務課

・ 部品メーカー 法務担当者

・ 化学メーカー 法務担当者

・ 小売・流通業 法務担当者

・ 早川拓司 カゴメ 人事総務部 法務グループ

・ 鳥本忠司 東急エージェンシー 法務担当部長

・ 情報通信業 法務担当者

・ 大谷和子 日本総合研究所 法務部長

・ 村中 昇 アビームコンサルティング 法務部

・ 上林祐介 シグマクシス 法務部 マネージャー
合計2万8000円から始める 一人法務パック

・ 片岡玄一 アクロディア 管理部 法務担当

・ グループ会社 法務担当者
ソリシター法務部長がお薦めする 海外法情報サイト13

・ 光明宏之 ディーアンドエムホールディングス 法務部長・外国法事務弁護士(英国法)
[INDEX] 2010年刊行書 PICK UP
[INDEX] 紹介書籍等


BLJ Workshop
外国企業への出資戦略② ~デューデリジェンスの要チェック事項~

出題者・ファシリテーター
桑田和弥 三井物産 法務部法務第二室 室長


Interview
経営の現地化とビジネスのグローバル化を両立させる法務体制

湯本克也 YKK 執行役員 グループ法務・知財センター長
佐々木毅尚 YKK グループ法務・知財センター 法務グループ長
[Frontier]グローバル時代で役割を増す 国際法曹協会の舵取りを担う

川村 明 弁護士

実務解説
法務におけるIFRS対応

北村導人 弁護士・公認会計士 / 岩崎康幸 弁護士・公認会計士 / 若林義人 弁護士・会計士補

OPINION
プライバシー・バイ・デザイン

堀部政男 一橋大学名誉教授

Inside Story
「投資家の社会的責任」 米国で議論始まる

渋谷高弘 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

営業秘密をどう守る?~管理体制構築のポイント
倉持孝一郎 パスモ 総務部総務課 プロジェクトマネジャー・弁護士
実務感覚が分かる!M&Aロードマップ

DD開始前の手続
熊木 明 弁護士
いじめない、いじめられない!下請法違反の境界線

「不当な経済上の利益の提供要請」  下請事業者の立場で考えて違反を防止
玉木昭久 弁護士
広告審査のOKライン

不実証広告規制で求められる合理的な根拠 ~技術的検討
矢野誠二 エフシージー総合研究所 上席研究員 博士(薬学) / 高橋善樹 弁護士・弁理士
企業会計法Current Topics

アメリカとIFRS–SEC進捗報告書
弥永真生 筑波大学大学院教授
ハブ法務を実践するための日・英・中対応国際契約講座

ライセンス契約「ワランティ条項」
長谷川俊明 弁護士
Global Business Law Seminar

動画共有サイトの著作権侵害責任(上)
林 大介 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 法務部バイスプレジデント・米国弁護士
リーガル・テクノロジーの潮流

第14回 法務・知財部門のための電子データ収集
Ji2
牛島信のローヤー進化論
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。