スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文契約書を読むためのヒント…のようなもの(1)

経緯は前のエントリのとおりです。早速はじめてみる。

英文の契約書、を読むということが対象なので、まず最初には、英文を読むための道具、というところから入ろうかと。端的には文法と単語(というか辞書)、でしょう(英米法(ホントのことを言うと英米法というのもかなり乱暴なくくりという気がするけど)の契約法の考え方とかについては、ここでは触れないということで)。

文法についての理解が怪しいと、契約書の理解はどうにもおぼつかず。ゆえに、自信がないときはチェックすることが重要かと思う。そういうときに使えそうな、日本語での解説があるサイトとしては、次の2つは良さそうな気がする(1については使ったことがあるが、1つしか挙げないと比較もできないので、2つ挙げます。これに限らず、できるだけ複数ご紹介したいところ)。
  1. 英文法大全
  2. 英文法インデックス
話はそれますが、後者を作成した日向さんがアルクのサイトのところで開設している次のものは、いずれもビジネスの中で英語を使う際には便利かもしれません。
次に分からない単語を調べるツールとしての辞書。英辞郎は、語彙数は多いけど一つ一つの用語の使い方とかの説明が不足しているような気がする。それだけに依存するのはどうかと思うので、もうひとつ挙げてみた。サーチエンジンごとに英和辞書はついていて、どこのもネタ元が似ているので、あとはお好みで。

あと、専門用語(法律用語については後記)とかについては、契約書に記載のある取引の内容とかの関係で、専門用語辞典も必要になるかもしれない。そちらについては、次のところから辿れるものがあるかもしれない。(後から補足:辞書サイトを使うだけではなく、googleで調べるのも当然あり。***とはと入れるとそれなりに出てくることもある。熟語の場合は" "で挟むのがポイント。当然過ぎて書き忘れたけど。)
さて、専門用語、特に法律用語については、どうしたものか、というのが次。定番なのは東大出版会の英米法辞典。PC版もあって、そちらは自分のPCに入れて置くと便利。色々あって僕は自分で買ったが、自腹で買うにはツライお値段。


先ほどのリンク集から辿れるところにある、次の2つのところは、内閣官房の法令用語日英標準対訳辞書、に基づくデータベース。ただし、日本法の用語を英訳したらどうなるか、という視点なので、視点が異なるから、英文契約を読むうえでの使い勝手はいまいち。後者は、自社独自データも追加しているし、逆引きで英和辞典として使えるので挙げておく。(追記:日本語の法律用語が不明の場合は、上記のリンク集から辿れる日本語の法律用語辞典があるので、それも参照のこと)

それと、市販の本で英文契約書の読み方、についての本も紹介。僕が英文契約書を読むようになった最初の頃に手にとって良かった2冊。1冊目は商社での経験を経た後でアカデミックに転じられた方の本。後者は翻訳会社の方の本だが、ゼロから読む人向けに分かりやすく書かれている。

(後記:僕が読んだのは「英文契約書の読み方」ではなく同じ著者の「英文契約書の書き方」だった。ただ、本屋で眺めてみた限りは「読み方」の方をオススメすべきと判断したので、上記の修正はしないでおく。)

定番というと、次の1冊なんだろうけど、取っ付きにくいので、最初に読むにはオススメしにくい。ただし、実務をこなしていくと、価値が見えてくると思う。



…長くなったけど、道具については、こんなものだろうか。次から少しづつ中身について…。


追伸)
本題からそれるが、英語の辞書も。
  1. 通常の英英辞書
  2. 英語の法律用語辞典

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法務の英語

法律英語や契約,取引などビジネスで使われる法務の英語を解説した本で,1ページにつき二つの見出し語を事典的に収載.掲載順はアルファベット順でもあいうえお順でもないが,巻末に日本語索引,英語索引が付...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。