スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた雑多なメモ

例によって?拾ったネタのメモ。目に付いたものをメモしただけで、特に取捨選択していない。twitterで呟いた、またはRTした内容と一部重なるがご容赦を。
  • 検察最高音頭。歌詞はこちら。笑ってしまった一曲。
  • OSH supportの法的リスク実用百科 メンタルヘルスにまつわる法的リスクとその対応策について、資料がまとまっている。
  • 憲法(法学)が経済的手法を拒む要因」 途中まで読んで、こちらの能力不足で理解できないことが分かって挫折。ただ、脚注で「なお、法学者による政策論という場合、平井(1995)を取り上げないことを問題視する向きもあるかも知れないが、筆者は、この書物が何を言おうとしているのか理解できないので、これ以上言及しない。」とあるのが…。
  • Koncision Contract Automation 英文契約書の自動作成ツール…なんだろう。開発中なので、詳細不明。まずはConfidentiality Agreementから、というのは妥当なところか。中心人物の一人がAdamsDraftingの中の人らしい。彼のblogもこちらに移転。移転後も、最初の方から、"shall cause"についてなど、興味深い内容が掲載されている。
  • FRCP Rule 26の改正。Expert witnessに関する証拠の取り扱いなどの変更。Expert witnessについては、work productとして保護される範囲が広がったということのようだ。12月1日から発効しているとのこと。eDiscovery blogより。修正案文はこちら。eDiscovery blogでのentryより詳しめの英文のサマリーとしてはこんなのがあった(" In short, it will no longer be necessary to treat experts as if they were radioactive."という表現には笑ってしまった)。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。