スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aの契約実務 / 藤原 総一郎 (著), 大久保 涼 (著), 宿利 有紀子 (著), 笠原 康弘 (著), 大久保 圭 (著)



M&Aの法務については、DDとか全体像については既に書籍化されたものがあるけれど、契約に絞った本というのは今までなかったのではないだろうか。表明保証、補償、誓約等々、英米法由来の概念を、そのまま日本法の下で使用しているのが実務になっているけれど、日本法の下ではどういうところに気をつけるべきか、という観点から解説してくれている本。前半では、各種の契約スキームにつき、概要と留意点を解説しており、後半では株式譲渡契約を題材に、典型的な条項につき、標準的な例と、考えられる派生的な条項について解説している。

それほど分厚い本ではないので、取引前に一読しておき、こんな条項はこういう点にを付けないといけないということを頭にある程度いれて取引に臨むと、抜け・漏れが生じる確率を減らせるのではないかという気がする。もちろんM&Aの入門書として法務担当者が読むというのも良い使い方だと思う。

個人的には、表明保証について、リスク分担の機能(保証内容については、保証した側がリスクを負い、その他は相手方が負うことになる)の他に、対象会社に関する問題点を燻り出す機能(売主が表明保証対象から除外を求めてくる中で、買主は問題点を把握することになる)があるという指摘が、勉強になった。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 迷ったんですよねー

tacさんどうもです。
いや、僕も確かに迷ったのですが、思い切って買ったところです。総論と各論の関係は確かに??なところがありますね。一応、一番実務で使う株式譲渡を題材に説明を、ということなのですが、他のスキーム特有の話は出てこないことになりますしね。

エントリではいちいち上げませんでしたが、細かいところで勉強になったのも事実なので、買っても損はない一冊だとは思います。誰にもオススメとまでは言い難いですが…。

迷ったんですよねー

この本2度位立ち読みして、なんか総論かと思ったら妙に各論に突っ込んだりしているような印象があって(共著だから?)読みにくいような気がして買うのをやめたんですが、通読されていかがですか?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。